開館90周年記念展 木々との対話:美しすぎる木彫と巨大作品に圧倒!

木々との対話

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京・上野にある東京都美術館にて2016年7月26日~10月2日の期間「木々との対話──再生をめぐる5つの風景」を開催。東京都美術館の開館90周年を記念した企画展となっている。

過去にはモネ展若冲展ポンピドゥー・センター傑作展といった企画展に行き、どれも素晴らしかったので、期待して行ってきました!

木々との対話で見た美しい木彫作品や、迫力満点の展示があったので、写真と合わせて紹介。感想とともにお届けします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

美しすぎる木彫作品

突然ですが、木彫作品と聞いてどんなものを思い浮かべますか?



僕がまず思い浮かべたのはです。鮭にかぶりついている熊。カクカクしているところがあって、木で作られているんだろうなと分かるような作品。

でも、ここに展示されている土屋仁応さんの作品はそれとは違う印象を受けました。写真を撮ってきたのでご覧下さい。

tobikan_tsuchiya_0

tobikan_tsuchiya_1

木彫りの「牡羊」。
毛を表しているような体の模様。ねじりのある角。
木でできているとは思えません…!

tobikan_tsuchiya_2

tobikan_tsuchiya_3

のしなやかな曲線に見惚れる…!
触ることはできないけど、きっとさらさらなんだろうなー。

tobikan_tsuchiya_4

tobikan_tsuchiya_5

個人的に一番すごいと思ったのが、こちらの「鳳凰」。

首から頭部にかけてのきれいなライン。迫力のある翼。何本もある尻尾?の存在感もすごい。空想の生き物だけど、本物みたい。今すぐ動き出しそうな気配すらありました。

この他にも、子犬、獅子、猫、麒麟といった木彫作品が展示されています。360度から見る美しい木彫作品は必見!

超巨大な作品に吸い込まれそう

tobikan_kuniyasu_0

高さ10メートルを超える空間を、存分に利用した國安孝昌さんの作品。

スケール感が半端なくって、ものすごい存在感。新たに会場に入ってくる皆さん、まずこの作品に目を奪われていました。地下3階にあるのですが、ひとつ上の地下2階からも見ることができます。

tobikan_kuniyasu_3

tobikan_kuniyasu_2

tobikan_kuniyasu_1

作品のコメントに書かれていた、「密度と力。集中と粘着。量と触。これらを手懸りに私は空間を生み出す。」という言葉がかっこいい。

どうやって運搬したんだろう…。ここで一から作ったのかな? 色々と気になる作品です。

ポンピドゥー・センター傑作展のチケットがあるとお得

木々との対話_チケット

9月22日まで同じ建物内で開催されている「ポンピドゥー・センター傑作展」。こちらのチケットがあると、「木々との対話」の料金が300円引き。800円から500円になります。

ポンピドゥー・センター傑作展に行かれてない方はぜひ一緒に楽しみましょう!

▼僕が行ってきた感想はこちらに書いています。参考にどうぞ。

残る3人の作品もは是非会場で!

紹介した2人の他、須田悦弘さん、田窪恭治さん、舟越桂さんの作品が展示されています。どれも見ごたえがあるので、ぜひ会場にてご覧下さい。

東京都美術館90周年を振り返る年表とともに、お楽しみ下さい!

開館90周年記念展 木々との対話:美しすぎる木彫と巨大作品に圧倒!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク