撮影可能日にデトロイト美術館展へ行った感想

detroit-2016

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京・上野の森美術館にて2016年10月7日~2017年1月21日の期間「デトロイト美術館展」を開催。

デトロイト美術館のコレクションの中核を成している印象派、ポスト印象派、20世紀のフランス、ドイツの数々の傑作の中から選りすぐりの52点を展示しています。

そして特徴的なのが、月曜日と火曜日は撮影可能!
せっかくなので、美術作品を撮ってみたい! ということで月曜日(祝日)に行ってきました。

撮った写真を紹介し、感想をお届けします!
混雑状況、グッズ情報もまとめたので、これから行く人は参考にご覧下さい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

音声ガイドは鈴木京香さん

detroit-2

当企画展の音声ガイドを務めるのは女優の鈴木京香さん。35分におよぶ解説をしていただける。音声ガイドは520円で借りることができます。

また、作家である原田マハさんによるボーナストラックもあるとのこと。小説家として有名な原田マハさんは「デトロイト美術館の奇跡」という本を書かれていましたね。

撮影における注意点

detroit-1

ルールを守って撮影しよう

撮影ができるかどうかは曜日ごとに決められています。改めて言いますが、可能なのは月曜日と火曜日のみ

フラッシュ禁止、一脚・三脚の使用禁止、自撮り棒禁止、動画撮影禁止などの制約があるので、ルールを守って撮りましょうね。

SNSにアップする前に

一部の作品はSNSをはじめとして不特定多数への公開が禁止されています。

撮ったものを見返して楽しむ分には問題ありませんが、間違いを起こさないようにくれぐれもご注意ください。

NGなものに関しては、作品名と解説の下に「この作品はSNSをはじめとして不特定多数への公開が禁止されています」と表記されています。しっかりと確認してからアップしましょう。

写真で楽しむデトロイト美術館展

何枚か撮ってきたのでご紹介!

detroit-10

アンリ・ジェルヴェクス
《パリのカフェにて》

detroit-11

モーリス・ドニ
《トゥールーズ速報》

detroit-13

フィンセント・ファン・ゴッホ
《オワーズ川の岸辺、オヴェールにて》

detroit-14

エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー
《月下の冬景色》

detroit-15

シャイム・スーティン
《赤いグラジオラス》

この他にもたくさんの名画があるので、ぜひ会場でお確かめください!

RICOHのさわれる複製画がすごい!

detroit-30

全ての展示を見終えたと思ったら、面白そうなものがありました。

なにかというと、リコーが開発したインクジェット技術と3Dプリント技術を応用した「さわれる複製原画」。

detroit-31

絵画に触れる!
凹凸がしっかりと表現されていて驚きです!! 複製とはいえ、まさかついさっきまで見ていた絵に触ることができるとは…!

色味も綺麗で、まるで本物みたいでした! これらは後に紹介するグッズコーナーで売られており、約30万円ほどで買うことができるようです。。

グッズコーナー

detroit-goods-0

detroit-goods-1

detroit-goods-2

公式図録やポストカード、お菓子、iPhoneケースなどが売られていました。

いたるところにゴッホの自画像があるので、ちょっとシュール…笑

混雑具合

祝日の13時頃に行ったらチケット購入の行列はなく、すんなりと入場できました。ただ、会場内がそれほど広くないので、混みあっていた印象です。

帰り際にチケット売り場を除いてみると、少し行列ができていました。とはいえ5分もあれば買えるレベルの長さだったので、あまり心配しなくてもいいでしょう。

感想 撮影について想うこと

detroit-21

今まで行ってきた美術館は撮影NGのところが多かったので、こうして絵を撮れるということが、とても嬉しい。こうやってブログで紹介する際に「写真があったら伝えやすいんだけどな…」と、何度思ってきたことか。そういったジレンマみたいなものもあったので、撮るのが快感だった。

だ け ど……

ファインダー越しに見てばかりで、自分の目で直接見ることが減った。せっかく丁寧に書かれている解説も、普段より読まなかった気がする…。撮ることばかりに夢中になっていたので反省ですね…。

あと気になったのが、フラッシュシャッター音。フラッシュ撮影禁止とあるのに平気でする人がいた。注意されていたけど、もう少し気をつかった方がいいんじゃないかな…。作品保護のこともあるし…。

シャッター音で気になったのは、連射撮影してる人。会場にシャッター音が鳴り響いており、正直言ってうるさい…

もしかしたら僕も知らず知らずのうちに、誰かに迷惑をかけていたかもしれないので、これからは気をつけようと思いました。

いろんな要素が重なって全体的に賑やかな会場だったので、静かなことが期待される月・火曜日以外に、もう一度行ってみるのもいいかなぁ。

もし、これから行く予定の方で写真撮影に興味がないという方は、月・火以外で行くことを強くおすすめします!

企画展名 デトロイト美術館展
会場 上野の森美術館
期間 2016年10月7日~
2017年1月21日
住所 東京都台東区上野公園1-2
チケット 一般:1,600円
高校・大学生:1,200円
小・中学生:600円
撮影可能日にデトロイト美術館展へ行った感想
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク