【東京】アートな企画展「ポール・スミス展」に行ってきた

ポール・スミス展

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京・上野にある上野の森美術館にて2016年7月27日~8月23日の期間「ポール・スミス展」を開催。

世界的に活躍するイギリスのデザイナー、ポール・スミスがこれまで関わってきたものの中から作品を選び展示。かけだしの頃からグローバルな企業になるまでを見ることができる構成になっている。

展示会場は撮影OK。
カメラを持って行ってきたので、どんな雰囲気だったか写真を交えて紹介。グッズコーナーで見つけたアイテムもあるので、行こうか迷ってる方は参考にどうぞ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ポール・スミス展の様子

オリジナルイヤホンをプレゼント!

paulsmith2016_1

ポール・スミス点では音声ガイド用の機材がありません。

その代わり、入場時に展覧会オリジナルのイヤホンを貰うことができます。会場にはQRコードが散りばめられているので、読み取って専用ページへ。

paulsmith2016_2

↑の画面になったら成功。
再生ボタンを押すと、松田翔太さんがポール・スミスの世界をガイドしてくれます。

ポケモンGOのやりすぎでバッテリーが足りなくなると、聴けない可能性があるので要注意。

オフィスとデザインスタジオを完全再現

paulsmith2016_3

paulsmith2016_5

paulsmith2016_6

これがポーラのオフィスとデザインスタジオなのか! 作りこみがすごい!

散らかっているように見えるところがまたリアル。人が働いていそうな空間が、目の前にありました。

ポールの頭の中

paulsmith2016_7

ポーラの頭の中のイメージを映像で表現。

理解はできなかったけど、なんだかとってもすごかった。これが天才の頭の中か…。

洋服の展示

paulsmith2016_8

paulsmith2016_9

伝統を基にしつつも現代性を表現する「ひねりをきかせたクラシック」。

ポーラは、地味なグレーのスーツに派手な色の裏地といった、洋服に秘密を持たせることが好きだったそう。

SNSに投稿してオリジナルフォトカードをゲット!

paulsmith2016_10

会場の途中に、フォトスポットがあります。

ここで撮影した写真をInstagram、もしくはTwitterに投稿すると、「ポール・スミス展オリジナルフォトカード」にプリントして持ち帰ることができます。撮影してくれるスタッフさんがいるので、記念に撮ってもらいましょう!

投稿する際には、ハッシュタグ「#HelloPaulSmith」をお忘れなく!

グッズ

展示の締めくくりはグッズコーナー。
ポール・スミス展にちなんだピンク色のグッズが数多くありました。

paulsmith2016_20

  • 公式カタログ
  • Tシャツ
  • ハンカチ
  • 鉛筆
  • ボールペン
  • ノート

paulsmith2016_21

  • クリアファイル
  • マグカップ
  • キーリング
  • ポスター
  • ポストカード
  • 缶バッジ

より詳しく知りたい方は、公式サイトのグッズページを要チェック。

混雑状況

7月27日(水)に行きましたが、そこそこ混雑していました

開催初日とはいえ、平日なので空いているかと思っていたのに…。夏休み効果ですかね。土日も混雑しそうです…。

おわりに

ここで紹介したもの以外にも展示はあるので、気になった方は訪れてみてください。

開催は8月23日まで。1か月間という短い期間なのでお見逃しなく!

この夏、上野では様々な企画展が開催中なので、合わせて行ってみるのもおすすめ!

【東京】アートな企画展「ポール・スミス展」に行ってきた
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク