「ルノワールの時代」で数々の名作を展示!名古屋まで見に行ってきました!

ルノワールの時代05

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2016年3月19日〜8月21日の期間で開催中の企画展。

ルノワールの時代 近代ヨーロッパの光と影

ルノワールの展示を中心に、その時代の絵が集結する企画展。

美術作品や歴史に関してあまり詳しくないですが、旅行ついでに行ってきました。
訪れたのは開催初日である3月19日です。

それでは、感想レポートをどうぞ!

※展示物の写真撮影NGのため、作品に関する画像は少なめです

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

名古屋ボストン美術館へ

名古屋ボストン美術館

会場は愛知県にある名古屋ボストン美術館
最寄駅である金山駅から歩いてすぐのところ。
金山駅南口を出て、100歩くらいで入り口までたどり着くことができます。

ルノワールの時代_00

開催初日に訪れたこともあってか、すでに行列ができあがっていました。
皆さん注目していたんですねー。

展示内容

ブージヴァルのダンス

ルノワールの時代

企画展「ルノワールの時代」のパンフレットやポスターにもなっているルノワールの「ブージヴァルのダンス」を見ました。

ビアガーデンで踊る2人を描いた作品。女性の表情が印象的。

実物を見るまで気づきませんでしたが、足元にタバコや花束が落ちているんですね。説明を読むまで全く気づきませんでした…。

ルノワール以外の展示も盛りだくさん

ルノワールの時代04

ルノワールの時代というだけあって、他の画家たちの作品も展示されています。

  • ミレー
  • ゴッホ
  • モネ
  • ドガ
  • ロートレック
  • ドーミエ
  • キルヒナー

美術に疎い僕でも、聞いたことのある画家ばかり。上の画像はパンフレットの写真ですが、本物は大きくてかなりの迫力がありました。

個人的にはゴッホの作品を色々と見れてよかったかな。有名な「ひまわり」以外知らなかったもので…。

会場の様子

会場はとても広かった。
人は大勢いましたが、混雑している印象はなかったです。

気をつけておきたいのが、とっても静かだったということ。

会場には多数の警備員や監視員の姿が。まさに厳戒態勢という感じで、ただならぬ雰囲気があります。そのためか、静かにしないといけないような空気感が漂っていました。

正直なところ、ちょっと落ち着かなかった。。。

友達同士やカップルで行く場合、小声で話した方がいいかもしれません。

お得なチケットもあるよ

入館料金はこちらになります。

当日 前売・団体 平日17時以降
一般 1300円 1100円 1100円
高大生 900円 700円 700円

17時以降は200円お得!
ちなみに、中学生以下は無料!

美術館は大抵17時までなので、19時まで開館してるのは意外でした。

美術に詳しくなくても安心のサポート

僕みたいに知識がない人向けでも楽しめるように、様々なサポートがあります。

一つは音声ガイド
説明を聞きながら、絵を鑑賞することができますね。

もう一つは、学芸員さんによるレクチャー
展示作品を中心に、「近代ヨーロッパの光と影」をテーマに解説してくれるとのこと。

4月16日 ミレー、ゴッホ、モネの描いた“都市と田園”
5月14日 都市への鋭い眼差し ドーミエ、パスキン、キルヒナー
6月18日 都市と郊外のエンターテイメント ルノワールからピカソまで

3月はないみたい。タイミングが合わなかったけど、参加したかったなぁ。

定員は40名で先着順なので、希望される方はお早めに。

4月27日からは、東京でもルノワールの作品を見れる

関東方面に住んでいて、名古屋まではちょっと遠いと感じた方に朗報です。

2016年4月27日から、東京にある国立新美術館で「ルノワール展」が開催されます。

お得な前売りチケットもあるようなので、ルノワール展の公式サイトを要チェック。

おわりに

観終わって帰る際に入り口を通りましたが、行列はありませんでした。初日だったからなのかもしれませんね。

8月21日まで開催しているので、GWや夏休みを利用して行ってみてはいかがでしょうか。

同じ日に、ミッフィー展奇憚クラブ10周年展にも行ってきました。「ルノワールの時代」とは毛色が違いますが、近くで開催しているので興味があればどうぞ!

それでは、また。

「ルノワールの時代」で数々の名作を展示!名古屋まで見に行ってきました!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク