【感想】ニキ・ド・サンファル展(ニキ展)の射撃絵画に圧倒!

ニキ展_チケット

こんにちは、西松(@output_log)です。

東京、六本木にある国立新美術館で開催中のニキ・ド・サンファル展。通称ニキ展

2015年12月14日までの開催ということで慌てて行ってきました。

この企画展を知るまで、ニキのことを全く知りませんでした。正直なところ名前すら聞いたことありませんでした。そんな私のレポート記事になります。

ニキ展_ブッダ

↑写真撮影可だったブッダ。

事前知識はつけていこうとニキ展についてネットで調べたら、こういった作品をよく見かけました。似たような雰囲気の作品が多いのかな?と思って展示を見に行ったら、全然違うものもありました。

それは、射撃絵画と呼ばれるもの。

名前のインパクトが強いですね。

どんなものかというと、インクが入った容器が絵画や彫刻にいくつも付着しています。

その容器を銃で撃つことで中のインクが飛び散り、色がついて作品になっていました。

実際に射撃をする様子が映像として公開されていました。

射撃をするニキは美しく、見惚れちゃいました。正確に当てる技術もすごい。

完成されたものだけではなく、色がついていく過程も楽しめるのかと感心しました。

射撃絵画にはファンタジー要素があり、ホラーっぽい印象も受けました。

一度見たら忘れない。夢に出てきそうな感じ。

ビビりなんで怖かったんですけど、目を反らせないといいますか、引き込まれました。

写真で紹介したいけど、撮影は禁止とのこと。

「射撃絵画」という言葉に興味持たれた方には、是非とも実際に見てほしいな。

開催は2015年12月14日までなので、まだの方はお早めに。

【感想】ニキ・ド・サンファル展(ニキ展)の射撃絵画に圧倒!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告