中村航「世界中の青空をあつめて」感想:2020年東京オリンピック開催を機に動き出した物語!

世界中の青空をあつめて_表紙

こんにちは、西松(@output_log)です。

キノブックスから出版された、世界中の青空をあつめて を読みました。

2020年のオリンピックが東京に決まらなければ、この物語は生まれなかったであろう作品

著者は中村航

中村航といえば「デビクロくんと恋の魔法」「あのとき始まったことのすべて」「僕の好きな人が、よく眠れますように」などの恋愛小説が有名。

「世界中の青空をあつめて」は恋愛に対して、重きを置いていない内容でちょっと意外でした。とはいえ、中村航さんの良さが詰まった小説です。

というわけで、本の紹介をしつつ感想をお届けします。多少のネタバレを含みます。ご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

内容紹介

東京で消耗した和樹。愛媛の実家へ帰っていた。

祖父から開けてくれと言われ渡された封筒。2020年の東京オリンピック開催決定を機に開封された。実はこの手紙、50年以上も前のもの。

封筒の中にあった1通の手紙と写真。手紙にはこう記されていた。

コーチへ。わたしたちの約束をここに埋めました。

オリンピックの年に、一緒に掘り起こしましょう。

メッセージと一緒に5人の名前も添えられていた。掘り起こすものはタイムカプセル。東京に埋められているとのこと。

祖父が動けない代わりに、和樹は行動を開始する。

感想

おじいちゃん、おばあちゃんとの会話に和む

5人のおじいちゃん、おばあちゃんとのやり取りに、ほっこりした。みんな優しくて個性的でいいキャラしてます。

5人の元中学生が埋めたタイムカプセルの中身は、未来の自分達に宛てたメッセージ。そのメッセージをおじいちゃん、おばあちゃん達のもとへ届けに行きます。

たった3行程のメッセージなんだけど、すごく込み上げてくるものがあった。5人とコーチそれぞれにあるので、6回も楽しむことができた。

麻帆かわいいよ、麻帆!

5人の中の一人である根本美代子のである麻帆。

やっぱり中村航の物語に出てくる女性キャラはかわいいなーと、改めて思いました。言動も可愛らしいし、著者による表現が、また良いんですよね!

いたずらをする二秒前のような表情」にグッときました(笑)

和樹について

仕事で消耗した和樹に自分のことを投影して読む人も多いと思う。

わたしも他人事ではないのではないか、ついつい考えながら読んでいました。だからこそ共感も生まれる。感情移入して読んでたから、自然と応援するような気持ちで読んじゃいました。

おじいちゃん、おばあちゃん、麻帆との出会いを通じて和樹が再生していく姿は、自分のことみたいに嬉しくなります。

おわりに

中村航にしては恋愛要素が少なめ。

幅広い世代で楽しめる本だと思います。

この本を読んで、久しぶりにおばあちゃんに会いたくなったなー。


著者 中村航さんの本に関する記事一覧
中村航「世界中の青空をあつめて」感想:2020年東京オリンピック開催を機に動き出した物語!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク