聖地はどこ? 君の膵臓をたべたい(キミスイ)の舞台となった場所を調べてみた

kimisui-seichi

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

「君の膵臓をたべたい」略してキミスイ。

約1年前にこの小説を読んだ。
そして最近、実写映画化が決まって再読し、再び僕の中で盛り上がりをみせている。

君の膵臓をたべたい

この表紙、桜舞い散るイラストが美しいと、何度見ても思う。

そういえば、このイラストって空想上の場所なのかな? それとも、どこかモデルとなった場所があるのかな?

アニメなどでは聖地巡礼が流行っているので、それに倣って調べてみました。また、作中の旅行先も気になったので合わせて調べました。君の膵臓を食べたい(キミスイ)の世界をもっと深掘りしたい!という方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

表紙のモデル

桜舞い散る風景の表紙。
一体どこなんだろうとTwitterで検索してみると、君の膵臓をたべたいの表紙を担当された@loundrawさんと、著者である住野よるさんのツイートを発見。

表紙の舞台となったのは福井県足羽川の桜
足羽川の読み方はあすわがわ

すでに聖地巡礼をしている方もいるようで、写真付きでツイートされていました。

この景色、まさに表紙の通りですね!
なんだか、じーんと心にくるものがあります。。春になったら行ってみたいな。

旅行先は・・・

作中で主人公と桜良は親に嘘をつき、2人っきりで旅行に出かけました。

新幹線での旅行先は、おそらく福岡県
福岡という言葉は一言も出ていませんが、ラーメン、梅ケ枝餅(うめがえもち)、モツ鍋といった言葉が出てきたので間違いないでしょう。物騒な県という表現は笑っちゃいましたが…笑

※梅ケ枝餅とは、主に福岡県太宰府市で販売されている餅菓子のこと

学問の神様がいる神社はどこか

2人は福岡に着いてラーメンを食べたのち、「学問の神様に会いに行く」と言って神社へと向かいます。

そこがどこなのか気になったので調べてみましょう。

Googleで「福岡 学問 神社」と検索。聖地の候補となる神社が2つヒットしました。

どちらに行ったのか分からなかったのですが、小説を読み返してみるとヒントがたくさん。

  • 境内にある宝物殿
  • 近くにある菖蒲池(しょうぶいけ)
  • 博多から電車で30分かかる

以上のことから、太宰府天満宮で間違いないでしょう。博多駅から水鏡天満宮まで電車で30分もかかりませんからね。

まとめ

表紙のモデルは福岡県にある足羽川の桜

旅行先は福岡県

訪れた神社は太宰府天満宮

ほかにも、博多のラーメン店、もつ鍋を食べた店、太宰府天満宮の近くにある食事処、泊まったホテル・・・など気になるのですが、特定できそうにないので諦めました。。。もし詳しい情報を知ってる方がいましたら、twitterにてご連絡いただけると幸いです。

▼関連

聖地はどこ? 君の膵臓をたべたい(キミスイ)の舞台となった場所を調べてみた
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク