【感想】ルーヴルNo.9は漫画好き必見!美術館とのコラボが素晴らしい! #ルーヴル9

ルーヴルNo.9

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京・六本木ヒルズ内にある森アーツセンターギャラリーにて2016年7月22日~9月25日の期間「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」を開催。

漫画を通してルーヴル美術館の魅力を伝える「ルーヴル美術館BDプロジェクト」。そのプロジェクトが展覧会として日本上陸。日本の有名漫画家も参加しているということで、興味が湧いて行ってきました!

印象に残った展示グッズを感想と共に紹介。行く前に知っておきたいチケット情報についても書きました。

※フォトスポット以外撮影禁止のため文字多め

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

音声ガイドは声優・神谷浩史

展示へ行く前に音声ガイドについて紹介。

ルーヴルNo.9の音声ガイドを務めるのは声優・神谷浩史さん。人気声優の声だとテンション上がります!

神谷浩史さんのガイドがノリノリで、思わずにやけちゃいました(笑) 声優好きはぜひ。600円で楽しめるので、利用してみてはいかがでしょうか。

ルーヴルNo.9 序盤の展示作品

ルーヴル美術館の説明

ルーヴル美術館についての紹介映像がありました。知らなかったこともあったので感心。「ルーヴルNo.9」の9って何だろう? という疑問の答えもありましたよ。

そして最後。映像が終わる瞬間の演出がとても良かったです!

圧巻の「サモトラケのニケ」

続いての展示スペースで印象に残ったのが「サモトラケのニケ」のオブジェ。見上げるほど大きく、足元には大量の漫画。漫画と美術作品が融合したような美しい展示。

美術館にいる人たちを描いた「ルーヴル横断」

ルーヴル横断に描かれているのは、名画や彫刻作品。それを見る人たち。一人一人異なる表情をしている。

カメラを向けている人や、顔をよじらせている人。そもそも作品の方を見ていない人もいた。中には、キスをしながら自撮りする人たちの姿も。夜景の見える場所ではよく見る光景だけど、美術館っていうのは意外…。

恐怖! ルーヴルの亡霊

迷宮の入口のようなモノクロの世界を抜けると、エンキ・ビラルによる「ルーヴルの亡霊たち」が展示されています。

作品を覆うように描かれる亡霊。暗い部屋で見る作品は恐怖でしかなかった。特に「コリント式の兜」に写るヘカペーという名の亡霊。怖すぎる…。

各作品それぞれストーリーが描かれているのですが、血のような赤文字が使われていて、背筋が凍りそうな演出でした…。

1つだけ解説のない作品もあります。題名は無く、関連する映像だけが用意されていました。なんともいえない不気味さだった。

日本の漫画家も参加!

ルーヴルNo.9_2

この展覧会には日本の漫画家も参加しています。

  • 荒木飛呂彦
  • 谷口ジロー
  • 松本大洋
  • 五十嵐大介
  • 坂本眞一
  • 寺田克也
  • ヤマザキマリ

ジョジョ好き必見!

ミケランジェロの瀕死の奴隷と同じポーズをした岸辺露伴は必見! 全く違和感がないってどういうことだろう(笑) 簡単に見比べられるような展示構成になっているので、交互に見るのも面白い。

ルーヴルの猫

美術品に囲まれて暮らす猫の世界と、ルーヴル美術館で働く人々の様子を描いた作品。

ただただ猫が可愛い。これが癒しか。個人的に一番見たかった作品。

モナ・リザ

もう一つ印象に残った作品が坂本眞一さんの「王妃アントワネット、モナリザに逢う」。明るい話なのかと思ったらそうでもない…。

アントワネットの処刑後、部屋に取り残されるモナ・リザ。処刑人との出会い。現代では多くの人から注目されているけど過去はどうだったのか。色々と気になる内容だった。

ルーヴルNo.9のグッズ

展示の最後といえばグッズコーナー!
作品がプリントされたグッズが盛りだくさん。以下に見つけたものを挙げておきますね。

  • クリアファイル
  • 缶バッチ
  • ポスター
  • トートバック
  • 瓦せんべい
  • 図録
  • ポストカード
  • iPhoneケース
  • マグネット
  • スカーフ
  • ブックマーク
  • ペンケース
  • マグカップ
  • 手ぬぐい
  • リングノート
  • ピンズ
  • ミロのヴィーナス、ニケのフィギュア

ルーヴルNo.9_グッズ

ブックマークとクリアファイルを購入♪
普段はあまり買わないんだけど、ルーブルの猫が気に入ったのでつい。

1人1会計までなので、後悔しないように買い物しましょう。

チケットはローソンチケットがおすすめ!

チケットについて。3Fのチケット売り場にて買えますが、ローソンであらかじめ買っておくことをおすすめします

なぜかというと、購入者プレゼントがあるから。貰えるものはオリジナル記念イラストチケット。デザインは全8種類。ランダムで貰えます。

ルーヴルNo.9_チケット

幸運にも欲しかったルーブルの猫!
グッズコーナーの直前で引き換えているのでお忘れなく!

混雑を回避するならアーリーインチケットがおすすめ! 日付指定の当日9:30−9:45に3Fチケット売場に行くことで、通常入場券の人よりも早く入場できるとのこと。

ジブリの大博覧会が同時開催しており混雑が予想されるので、土日であれば利用するのも手です。

詳しくはローソンチケットのHPをチェック!

おわりに

以上、「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」に行ってきた感想でした。

9月25日まで開催。
同フロアで開催している「ジブリの大博覧会」「宇宙と芸術展」と合わせて行くのもいいと思います! 気になった方はぜひ!

ルーヴルNo.9は今後、大阪、名古屋、福岡でも開催されるので、住まいによっては待つのもあり。逆に、関東方面に住んでる人はこの機会をお見逃しなく!

【感想】ルーヴルNo.9は漫画好き必見!美術館とのコラボが素晴らしい! #ルーヴル9
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク