【感想】ジブリの大博覧会は夜がおすすめ! ライトアップされた飛行船が超綺麗!

※2016年7月10日追記
空とぶ機械達展に展示されている上下に動く作品を「ゴリアテ」と表記していましたが、間違っているようなので「飛行船」へと訂正しました。誤った情報を掲載していたこと、お詫び申し上げます。

ジブリの大博覧会-min

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

設立から30周年を迎えたスタジオジブリ。

2016年7月7日から、六本木ヒルズ展望台・東京シティビューにて、スタジオジブリの展覧会「ジブリの大博覧会」を開催。

一番古いとされる「風の谷のナウシカ」から、9月に公開される新作「レッドタートル ある島の物語」までの内容を展示する展覧会となっています。

発表から開催まで楽しみにしていたので、開催初日となる7月7日に行ってきました!

太陽が出ている時間から夜までいたのですが、「ジブリの大博覧会は夜の方がいいな」と思えるような内容だったので、感想を交えつつ紹介。混雑状況も書いたので、参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レッドタートル展から、歴代のポスター等

まずはじめは9月に公開される最新作「レッドタートル ある島の物語」に関するもの。原画や絵コンテ、キャラクター設定などを展示。まだ未公開なのでそこまで感動はしませんでしたが、どんな映画になるのか、期待が膨らんだ。

続いては、バーカウンターにて大きなトトロがお出迎え。椅子があったのでめちゃくちゃ座りたかったけど、触れないほうが良さそう…。なかなかの大きさで、180cmはあるのではないかと。カウンター周りの小物も素敵だったので、目を凝らして見ると発見があって面白いですよ。

さらに奥へ進むと、当時の広告の展示が。歴代のポスター新聞広告などが壁一面に貼られていた。僕の場合、ラピュタやナウシカはリアルタイムな世代ではないので、とても新鮮な気持ち。逆に当時のことを知っている人であれば、懐かしい思い出が蘇るのかな、なんて。

他にも、過去のグッズや雑誌、スタジオジブリのスタッフに関する展示がありました。

ちなみに、ここまでの展示は写真撮影NG。文章で読むより、見る感動の方が絶対に大きいと思うので、ぜひ会場でご覧頂きたい。

ここからは写真撮影OKなので、バンバン使って紹介します!

昼に観るジブリの大博覧会

もふもふ・フカフカなネコバス

ジブリの大博覧会_ネコバス-min

ジブリの大博覧会_ネコバス_六本木-min

となりのトトロに出てくるネコバスが展示されていた。行き先は「六本木」となっており、遊び心を感じる。

ジブリの大博覧会_ネコバスの中-min

ジブリの大博覧会_ネコバス尻尾-min

見るだけではなく、中に入ったり、尻尾に座ることもできる。

ちょっと照れくさい気持ちがある中、実際に入ってみると壁までもふもふ・フカフカしていた。座り心地も良い。窓から顔を覗かせて、記念撮影なんていかが?

また、近くにいたスタッフさんが「ご乗車いただけます」と言っていたのも印象的。スタッフさん、ナイス!

空とぶ機械達展

ジブリの大博覧会_空とぶ機械達展-min

次の展示への入口。
歯車が回っていてカッコよかった!

空とぶ機械達展では、ジブリ作品に登場する空飛ぶ機械の絵や模型を展示。なかでも、ど真ん中にある大きな物体には度肝を抜かれた

ジブリの大博覧会_ゴリアテ-min

ジブリの大博覧会_ゴリアテの下-min

ジブリの大博覧会_ゴリアテ2-min

天空の城ラピュタ」に登場する「飛行船」。プロペラは常に回り続け、飛行船自体も上下に動く。

どの角度から見ても迫力がすごい…! ジブリの大博覧会に来てよかったなーと感じた瞬間。



これにて展示は終了。お土産を買うためにグッズコーナーへ行き、コラボカフェでご飯を食べていたら夜になっていた。

そこで、もう一度展示を見に行こうと思う。

ライトアップもある! 夜の展示の雰囲気

ジブリの大博覧会_夜景-min

時刻は19時半
ロマンチックな六本木ヒルズ展望台・東京シティビューからの夜景。この日は東京タワーがきれいに写った。

外の景色が変わるように、ジブリの大博覧会の中も雰囲気が変わる。変化があったのはネコバス以降の展示。順に見ていこう。

ジブリの大博覧会_ネコバス夜-min

ジブリの大博覧会_ネコバス夜2-min

周りが暗くなって、ネコバスが光っているかのような演出。暗闇の中で光る目は猫そのもの。ちょっと不気味な雰囲気さえ感じるのは気のせいだろうか。

ジブリの大博覧会_空とぶ機械達展_夜-min

空とぶ機械達展の入口。奥からの光によって、昼間に来た時とはまるで印象が違う。

奥に進むと、あの上下に動いていた飛行船に変化が起きていた。

ジブリの大博覧会_夜-min

ジブリの大博覧会_ゴリアテ_夜3-min

なにこれ、めっちゃ綺麗!!

ライトアップされた飛行船に魅入る人続出! 写真が撮り放題なので、みんなカメラを向けていた。こんなにも素晴らしいものを目の前にしたら、撮らずにはいられないよね!

ジブリの大博覧会_ゴリアテ_夜-min

ジブリの大博覧会_ゴリアテ_夜2-min

さらに光る!!

ライトアップにはいくつかのパターンがあるもよう。上の画像が一番光っていたとき。なんと神々しいことか。動きながら徐々に変化する飛行船の演出は最高だった。

僅かながらライトアップしていない時間もあるので、少し待ってみよう。数分後には、きっと眩く光っているはず…!

混雑状況

平日の昼間だというのに、会場内はそれなりに混み合っていた。特にポスターを展示するところ。狭いので仕方がないのかもしれないが…。レッドタートル展や空とぶ機械達展は広々としているので、そこまで気にならなかった。

一方、夜の混雑状況について。
会場内は昼間に訪れた時と同じような感じだったけど、外に出てみると長い行列…。

ジブリの大博覧会_混雑状況-min

こちらはチケット売り場の行列なのだが……昼間とは比べ物にならない。開催初日とはいえ、木曜日の夜でこの状態である。これから先、平日の夜や土日はかなりの混雑が予想されるのではないかと

公式Twitterで実況中継しているので、チェックするといいだろう。

イベントのハッシュタグが「#ヒルズでジブリ」なので、こちらも参考になるかと。

並ぶのは嫌! 混雑を避けるなら夕方?

昼に見る展示もいいとは思うが、個人的に夜の展示の方がライトアップもあって綺麗だとは思う。ただ、夜の方が混んでいた…。

個人的な予想になるけど、並ぶのが嫌で混雑を避けたいのであれば夕方に行くのがおすすめかと。

同じフロアから出なければ再入場可能なので、日が暮れるまで待つほうが無難だろう。スカイビューから景色を眺めるのもいいし、グッズコーナーやコラボカフェ(一時間制)で時間を潰せば、あっという間だ。

そういうわけで、夜の展示を見たいのであれば、少し早めの夕方に行くことをおすすめします。

おわりに

ジブリの大博覧会_おわり

いかがでしたでしょうか。
9月11日まで開催しており、会期中は無休なのでタイミングを見計らってぜひジブリの大博覧会へ!

ジブリ映画を見たことある人ならば、きっと楽しめることでしょう。

それでは、また!


▼グッズやコラボカフェに関する情報はこちらをご覧ください!

▼森アーツセンターギャラリーでは「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」が開催。

【感想】ジブリの大博覧会は夜がおすすめ! ライトアップされた飛行船が超綺麗!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク