綾崎隼:君と時計シリーズ(きみとけ)の感想・考察まとめ

君と時計シリーズ(きみとけ)

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

綾崎隼さんの君と時計シリーズ。略して「きみとけ

表紙のイラストを飾るのはpomodorosa(@pomodorosa)さん。

レーベルは講談社タイガ。文庫での書き下ろし小説です。
きみとけシリーズは、綾崎隼さんにとってメディワークス文庫以外で初めての出版になります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どんな内容?

タイムリープを取り扱ったSF小説

ルールは比較的シンプル。
タイムリープが発生する条件は、大切な人の死を知り、絶望すること
結果過去へ遡るも、その世界では別の大切な人が消える事態に。

タイムリープの因果を止めるため奔走するお話です。

全四巻で完結。構成は以下のとおり。

  • 君と時計と嘘の塔 第一幕
  • 君と時計と塔の雨 第二幕
  • 君と時計と雨の雛 第三幕
  • 君と時計と雛の嘘 第四幕(2016年発売予定)

著者の綾崎隼さんは、恋愛ミステリーで定評のある作家さん。きみとけシリーズではSFと恋愛を絡め、その作風を存分に発揮されていると思います!

読書メーターの読みたい本ランキング1位になったこともあり、講談社BOOK倶楽部では特集ページが作られていました。綾崎隼さんへのインタビューもあるのでファンは必見!

感想や考察のリンク まとめ

第一幕から読みはじめ、ブログにて感想や考察を書きました。内容の核心に触れているところもあるので、ネタバレにはお気をつけください

▼君と時計と嘘の塔 第一幕

▼君と時計と塔の雨 第二幕

▼君と時計と雨の雛 第三幕

綾崎隼:君と時計シリーズ(きみとけ)の感想・考察まとめ
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク