恐竜博2016の感想:ティラノサウルスとスピノサウルの展示は迫力満点!

恐竜博2016

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京 上野にある国立科学博物館で開催中のイベント、恐竜博2016

公式ホームページを見ると、日本初公開となるスピノサウルスの全身復元骨格が展示されていたり、ティラノサウルスとの共演もあるとの情報が。「恐竜」というワードは少年心をくすぐる魔法の言葉だと思ってます。面白そうなので行ってきました!

それでは、感想レポートをどうぞ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

二大肉食恐竜の共演

王道のティラノサウルス

恐竜博2016_ティラノサウルス_0

恐竜といえばティラノサウルス!真っ先に思い浮かべるような存在でまさに王道。

映像や画像などの資料で何度も見たことがあるので真新しさはありませんが、王者の風格が漂っていました。

12mのティラノサウルスを横からや、頭の下から覗くように見ることができます。目の前にした時は、思わず口を開けて魅入ってました。

恐竜博2016_ティラノサウルス_1

とにかく迫力がすごい。
今にも動き出しそうな感じがします。

もし目の前に本物が現れたら、なんの抵抗もできずに食べられてしまうでしょうね…。

日本初初公開のスピノサウルス

恐竜博2016_スピノサウルス_0

恐竜博2016を知るまで、スピノサウルスことは知りませんでした。

展示の説明を読むと、ティラノサウルスと同じ肉食の恐竜。スピノサウルスの最たる特徴は水中でも活動すること。15m級の恐竜が水中で暮らしてると考えると恐ろしい…。

恐竜博2016_スピノサウルス_1

背中にある突起が特徴的ですが、どのような役割を持っているかは、未だ判明されてないとのこと。なんとなく、意味があって欲しいなーと思うので、今後の研究に期待したいですね。

シアタールームでは「もし現代にスピノサウルスが現れたら…?」という映像を見ることができます。日常の風景にCGで作られたスピノサウルスが現れるのですが、水の中で潜伏して出てくる瞬間が怖かった。

それにしても、カッコよかったなぁ。

その他にも見どころがいっぱい

恐竜博2016_その他

見どころはティラノとスピノだけじゃないです。他にも見どころがいっぱい。

  • 武井荘による大人向けの音声ガイド
  • 子ども向けなドラマ仕立ての音声ガイド
  • 植物化石の展示
  • 恐竜の鳴き声
  • 恐竜の赤ちゃん化石
  • 植物食恐竜
  • ナイトミュージアム

ジュラ紀や白亜紀の植物化石を見ると、長い長い歴史を感じられて興奮しました。

また、赤ちゃんなどの、ミニサイズの恐竜は可愛い。大きくて迫力あるのもいいけど、小さい恐竜には違った良さがありました。

グッズを求めミュージアムショップへ

恐竜博2016_ミュージアムショップ

展示の最後にはミュージアムショップへたどり着きます。

恐竜のぬいぐるみや、公式の図鑑。精巧なフィギュアを作ることで有名な海洋堂オリジナルカプセルフィギュア

さらには、ピクサー映画最新作「アーロと少年」とのコラボグッズまでありました。

混雑状況は?

恐竜博2016_混雑

この写真は、土曜日の11時に訪れた時のもの。
当日チケットの行列なので、あらかじめコンビニなどで買っておけば並ぶことなく入場できることでしょう。

会場内もかなり混雑してましたが、人ごみで前に進めないというほどではありませんでした。
写真撮ってる人がたくさんいるので、少し気を遣いますが。笑

おわりに

1時間ほどで見終わりました。
やっぱり「恐竜」というテーマのイベントはいいですね!何歳になっても楽しめます。

会場は親子連ればかり。お父さん、お母さん。お子さんを連れて行ってみてはいかがでしょうか。家族揃って楽しめること間違いなしかと思います!

それでは、また。

すぐ近くの東京国立博物館では「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」が開催中。もし興味があれば、合わせてご覧下さい!

恐竜博2016の感想:ティラノサウルスとスピノサウルの展示は迫力満点!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク