渡辺優「ラメルノエリキサ」感想:女子高生りなの復讐を描く不謹慎な小説を読んでみた

ラメルノエリキサ-渡辺優

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

集英社から出版された小説、ラメルノエリキサ

著者は渡辺優さん

第28回すばる小説新人賞を受賞した作品。

宮部みゆきが「不謹慎な小説」と評価し、注目を浴びました。

面白そうなキャッチコピーを見ると買わずにはいられない性分。まんまとつられて買ってしまいました。読み終えたので紹介とともに感想を書きます。

多少のネタバレは含みますが、犯人は誰だ?といったことには触れていません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

内容紹介

「ラメルノエリキサ」というタイトルにはどんな意味が込められているのか。

3回唱えると何かが起こりそう。

ラメルノエリキサラメルノエリキサラメルノエリキサ

なんだか呪文みたい。

実はこの言葉、主人公である小峰りなが刺されたときに犯人が発した言葉

「ラメルノエリキサのためなんです、すみません」

この言葉を残して犯人は去っていきました。

りなには復讐癖があり、犯人に仕返ししてやろうと決心。

手掛かりをつかむため、「ラメルノエリキサ」の意味を探り、犯人捜しを始めます。

魅力あふれるキャラクター

登場人物は多くありません。主人公の小峰りなとお姉ちゃんのキャラクター性が強く、非常によかった。

女子高生 小峰りなから目が離せない

本作の主人公。復讐体質の小峰りな

自分が気分を害されたと思うと、復讐せずにはいられない性分。復讐することで、すっきりした気持ちになるので、自分のために行う。

6歳の時、ピアノ教室に通っていた子にねこの腕を折られたから、その復讐に相手の子の腕を折ったエピソードがありました。まさに、やられたらやり返す精神。

お姉ちゃんからは「復讐の申し子」と呼ばれるほど。

次はどんなことをするんだろうと、不安ながらもワクワクして読み進めた。

犯人探しはもちろんのこと、女子高生りなの日常も描かれており、どんな行動をするのか目が離せませんでした。

怖いけど可愛いお姉ちゃん

8歳にしてハンムラビ法典を知っていた、お姉ちゃん…。

りなに復讐の方針を説いた、お姉ちゃん…。

シャベルやブルーシートを調達してきちゃう、お姉ちゃん…。

読み終えて、本当に怖いのはお姉ちゃんだと気づかされました。

伏線は所々にあり、もしかしたら・・・・・と思っていたのですが、最後に本性が垣間見えましたね。お嬢様キャラをしているお姉ちゃんも好きですが、冷静に恐ろしいことを考えるお姉ちゃんも好き。そのギャップにグッときます。

感想

いやー面白かった!

ちょっと読みづらいところもあったけど、文章に勢いがあり、あっという間に読み終えてしまいました。買ってよかった。帯のとおり、読み終えた頃には、りなのファンになってます!

続編を熱望します!りなはまだ16歳。これからですよ!
他にも魅力的なキャラクターがたくさんいたので、色んな話を読んでみたい。

お姉ちゃんのファンになった人は多いだろうから、いっそのこと、お姉ちゃん主役がいいな!

渡辺優さんの次回作に期待ですね! 著者のプロフィールはこちらです!

【作家】渡辺優のプロフィール・作品をまとめてみた

渡辺優「ラメルノエリキサ」感想:女子高生りなの復讐を描く不謹慎な小説を読んでみた
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク