朝井リョウ「何様」感想:何者のアナザーストーリー集が面白い!

何様

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

朝井リョウさんの新作「何様」を読みました。

実はこの本、2012年に発売された「何者」のアナザーストーリー集なんです。「何者」は直木賞を受賞し、2016年秋には映画公開。キャストも豪華で個人的に注目している作品。

「何様」は「何者」の世界観を深堀できる内容でした。6つの短編で構成されており、各キャラクターの昔話や未来の話を読むことができます。

ただ、読んでて時系列がごちゃごちゃになって混乱したり、「あのキャラクター誰!?」みたいなことがあったので、「何者」を読み返して情報をまとめました。感想とともにあらすじを紹介します。

※「何者」のストーリーを知っている方向けの内容となっており、ネタバレを含むのでご注意ください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

6つの短編

nanisama

6つの短編がこちら。

  • 水曜日の南階段はきれい
  • それでは2人組を作ってください
  • 逆算
  • きみだけの絶対
  • むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった
  • 何様

水曜日の南階段はきれい

語り手は神谷光太郎(かみや こうたろう)。

「何者」の主人公である二宮拓人の友達でルームシェアをしていた仲。

帯には「光太郎が出版社に入りたかったのはなぜなのか。」とありますが、実は「何者」で語られています。

その理由とは、今は連絡が取れない高校の同級生に会うため。その人は翻訳家を目指していたので、出版社に入れば仕事で会えるかもしれないと考えたから。

瑞月からの告白を2度も断っている光太郎。彼が気にしている少女の名前は荻島夕子(おぎしま ゆうこ)。本作の「水曜日の南階段はきれい」では、荻島夕子との出会いから別れまでの話を描いている。

過去の話になっているので、これを読んでから本編を楽しむのも面白そう。

それでは2人組を作ってください

大学生、小早川里香(こばやかわ りか)。

瑞月の友達であり、拓人と光太郎が住む部屋の上の階で暮らしている。「何者」では最後、拓人にキツイ言葉を浴びせ続けたことが印象的だった。

そんな彼女が宮本隆良(みやもと たかよし)と出会って同棲を始めるまでの話。

読んでてモヤモヤした(いい意味で)

逆算

次は「何者」から少なくとも4年以上経過した未来の話。

主人公は松本有季(まつもと ゆき)。
ちなみに「何者」には登場していません。

内容はただのラブストーリーで、ふつうにいい話だったなーという感想。・・・と同時に、本編との関連性は?と疑問に思う…。

松本有季以外の主要キャラは沢渡(さわたり)。「何者」を読み返してみたら……ごめんなさい……いました!

劇団プラネットの先輩で、理系の大学院に通う就活生。研究室の推薦枠で鉄道会社に内定した、サワ先輩!

「お前はもっと、想像力があるやつだと思ってた。」と拓人に言い放った、サワ先輩!

彼はこの世界では珍しくTwitterやFacebookを使っていない。時代は進み、その後どうなったのかにも注目。

きみだけの絶対

烏丸ギンジの甥っ子にあたる、亮博(あきひろ)。

全国紙の新聞に叔父さんが載った高校生の心境とは。サッカーをしている、どこにでもいるような高校生の話で、親近感を持ちつつ考えさせられることもあった。

ちなみに、6つある短編の中では唯一の書き下ろし作品。

むしゃくしゃしてやった、と言ってみたかった

桑原正美(くわはら まさみ)35歳。マナー講師をしている。

就活生に向けた合同企業説明会で田名部という男性と出会う。

察しが良い方はお気づきかもしれないが、瑞月の父親である。この物語で瑞月は留学中だったので、本編より少し前のお話。

出来の悪い妹を見て、両親を悲しませないように生きてきた正美。

心が弱い妻に対し、真面目に生きていくしかなかった田名部。

共通していたのは「上手にむしゃくしゃできなかった」こと。

そんな2人は最後・・・・・

何様

「眉毛カッター」

「ココロ、ウゴカス」

この言葉を聞いて思い出すのが最後の面接のシーン。その場に登場する面接官や、就活生のその後が描かれている。

主人公は凛々しい眉毛を武器に内定を勝ち取った松居克弘(まつい かつひろ)。面接の時、拓人の隣にいた人物である。

克弘は入社後、人事部に配属。人のことをとやかく言える立場ではないのに何様なんだろうと、何者か(面接官)になる。

周囲や自身の環境が変化したことによる苦悩が描かれていた。

「何者」と合わせて楽しもう

nanimono_

僕の場合は本編の記憶がおぼろげだったので、予め再読しておけばよかったなーと思うことも。キャラクターを把握しているだけで、楽しみ方が変わってくると思います。

全体的な感想

読んだ感想としては、おなかいっぱい!

一つの話は約50ページ。合計300ページほどの一冊だったけど、ものすごく濃い内容。多くのキャラクターが出てくるし、時系列は過去と未来を行ったり来たりするので、数時間で多くのインプットがある。

その分、読み応えがあって面白かった。

ちょっと気になったのが文字の大きさや行間。驚くことに文庫本レベルなんです! それが単行本に凝縮されているので、1ページの文字数は多め。もし文庫化したら、そこそこ厚みのある本になるのではないかと。

映画化も楽しみ

「何者」の映画公開は2016年10月15日(土)。

内容はもちろんのこと、佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之という豪華俳優陣が演じるというだけで興味津々。

「何様」を読んでおくとキャラクターのバックボーンがより分かると思うので、映画を見る前に読んでおくと、より楽しめることでしょう!

朝井リョウ「何様」感想:何者のアナザーストーリー集が面白い!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク