本棚の中で眠る「BookTeaBed 麻布十番店」に泊まってきたよ

あれは3か月近く前のこと。
とある用事のため東京へ。

名古屋からは日帰りで十分行ける距離。
必ずしも泊まる必要はない。用事だけ済ませ足早に帰ろうと思っていたのですが・・・

「久しぶりに会う友達と夜遅くまで飲みたい」

「泊まりたいホステルを見つけた」

そんな理由から宿泊を決意。
麻布十番にある「BookTeaBed」を利用しました。

名前からお察しの通り、本に関するホステルです!

スポンサーリンク

BookTeaBed 麻布十番店の場所

最寄駅は麻布十番駅と赤羽橋駅。
駅からの移動時間は徒歩で10分ほど。アクセスしやすい好立地です。(東京タワーから歩いていける!)

このエリアは住宅街なのか、まさに都会の喧騒から離れた場所。夜は静かすぎてちょっと不気味でしたけどね。笑

外観はこんな感じ。
訪れる際はBookTeaBedのロゴを目印に。

まずはカウンターで受付

入店後、視界に飛び込んできた光景。

この世界観たまんないですね。本に関するホテルっていうのは分かっていたけど、実際目の当たりにするとテンション上がる…!

あとでゆっくり眺めさせてもらうとして、まずは受付を済ませることに。ネットで予約した旨を伝え、支払いを終え、諸々の注意を聞き完了。

それでは内部の様子をお伝えします!

BookTeaBedの内観

1階の本棚。
「BookTeaBed=BTB」のロゴを模した形がおしゃれ。使い勝手は置いといて、こういう本棚憧れる!

続いては地下へ。
階段の先には・・・

たくさんの本が並べられています。
なかには、背伸びをしないと届かない位置にあるものも。

壁や床はコンクリート。
無骨で冷たい印象になりがちだけど、ここでは温もりを感じるから不思議。本と本を照らす照明が成せる技なのかな?

本棚の間にあるスペース。
カーテンの先がベッドになっているため、本棚の中で眠れる…!

ベッドはこんな感じ。
寝るだけのスペースなので狭くても問題無し。

読書タイム

就寝前と起床後の楽しみ。
ソファがあったのでここで読書。

いいビルの写真集

ただひたすら美しかった。
ビル巡りしたくなる。

可笑しなヘンタイ図鑑

かわいいイラストでヘンタイさんを紹介。
笑って和む系のものを期待したんだけど……全然そんなことはなかった

わりとドン引き。
ヤバい人続出。
世の中は広い…。

「わたしヘンタイだから〜」って言ってる人はこの本を読んでみて。たぶん、本物を目の当たりにして、名乗れる自身なくなると思うから…。

名古屋ルール

ついつい手に取っちゃうご当地ネタ。
10年以上も前の話であり、時代の流れを感じた瞬間だった。名古屋について、いまこれを読んで誤解されたら嫌だな…笑

君の膵臓をたべたい
また、同じ夢を見ていた

読んだことのある作品を見つけると嬉しくなるね。(ここでは読んでないけど)

アメニティ

なんの準備もしていなかったためアメニティを購入。

  • シャンプー
  • コンディショナー
  • ボディソープ
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • タオル(レンタル)
  • ミニトート

以上がセットになって税込540円。
シャンプー、コンディショナー、ボディソープは資生堂のものでした。

朝食はコーヒー

朝は1杯のコーヒーを飲んでスタート。

前日に購入した「BALYET TOFFEE COFFEE」のチョコレートと一緒にいただきました。

泊まった感想

居心地のいい空間でした。
やっぱり本に囲まれているだけで落ち着く。運が良かったのか、他人のいびきは気にならず、ぐっすり就寝。

後ほどご紹介しますが安い値段で泊まれて満足!

欲を言えば、もうちょっと本の量が多かったらいいなーと。あまり他店と比べたくはないですが、若干ボリューム不足を感じたので。

銀座店と比べて安い

BookTeaBedの店舗は2つ

  • 銀座店
  • 麻布十番店

銀座店に行ったことはなく、中の様子や設備に関する比較はできないのですが、料金だけ見るなら圧倒的に麻布十番店が安い!

今回かかった費用は以下のとおり。

料金
宿泊費 3,500円
アメニティ 540円
合計 4,040円

銀座店はこれより2,000円以上高いんです。安く泊まりたいなら麻布十番店がおすすめ!

東京に宿泊する際、本のある空間にこだわりたいなら検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

\ みんなにシェアする /


\ フォローする /

スポンサーリンク
スポンサーリンク