本好きにとって天国! 東京国際ブックフェア2016に行ってきた!

bookfair2016

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2016年9月23日〜25日まで開催中の「東京国際ブックフェア2016」に行ってきました〜!

出版社や作家さんによるセミナーがあったり、本や雑貨を安く買えたりする本のイベント! この日をとても楽しみにしていたので、開催初日の23日に東京ビッグサイトへ。

会場に入った瞬間、本の香りが漂ってきて、とっても素敵な空間でした。会場内がどんな感じだったか、レポートをお届けします!

※撮影を許可しているブース以外NGのようだったので、会場内の写真は少なめ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

まずはブースを回ろう!

bookfair2016-0

すぐに本を買ってもいいのですが、まずは全体を回ってみることに。各ブースの前ではパンフレットや冊子を配っているので、遠慮なく貰いましょう。

「いかがですかー!」と言われて栞を渡された時は、本のイベントならではだなーと感じました。

bookfair2016-3

パンフレットはかさばって持ち歩くのが大変。hontoブースに行って手提げバッグをもらうと移動しやすいのでオススメ!

bookfair2016-2

東京都立図書館のブースでは、アンケートに答えるとトートバッグがもらえました。持つところがしっかししているし、好みなデザインなので普段使いに良さそう。

各ブースではアンケートを行っているところがあるので、積極的に答えてグッズを手に入れましょう。

ほとんどの本が割引価格!

会場内で買える本は、ほとんどが10%〜20%割引した価格。新品の本を割引価格で買えることってそうそうないと思うので、この機にたくさん買っちゃいましょう!

また、バーゲン本をお見逃しなく!

23日に訪れた際、玄光社さんのブースでは2冊で1000円という価格破壊な売り方が行われていました。ここで買うつもりはなかったのですが、思わず買っちゃいますよね。

bookfair2016-5

カメラの本が1600円
素材集が2500円

本来であれば4100円支払うところですが、2冊で1000円だったので3100円もお得!

勢いで買ったけど、この本に載っているカメラを使っているので、決して無駄にはならないと信じたい。。フリー素材の方は商用利用可だったので、いざという時に使お。。

バーゲン本のジャンルは限られていましたが、1冊500円で買えるのは安すぎ! 話題になっている大人の塗り絵もセールに含まれていたので、試しにやってみたくなりました。

珍しい本との出会い

会場内を歩き回っていると、珍しい本と出会うことがあります。amazonではお目にかかれないような本との出会いは、東京国際ブックフェアならでは。

薄く、シンプルなデザインの文鳥文庫

bookfair2016-6

文鳥社の文鳥文庫
短くも面白い名作を集めた文庫とのこと。長くても16ページしかないんですって! 本というか冊子レベルの分厚さでした。

シンプルなデザイン、持ち運びもしやすい。1冊のお値段は150円。

…買うよね。

僕は太宰治の「走れメロス」と、村上春樹の「四月の晴れた朝に100パーセントの女の子に出会うことについて」を購入しました。計300円。安すぎ。

ミニマルな手塚治虫作品

bookfair2016-7

手塚治虫の「罪と罰」。ミニコミといって、超ミニサイズになって売られていました。掌に乗るほどの大きさ。可愛い。1冊のお値段は200円。

…買うよね。

「罪と罰」だけではなく、ほかにも多くの作品がありました。本当は「ブラックジャック」を買いたかったのですが、1巻がなかったので渋々諦めることに…。5巻以降は揃っていただけに残念。おそらく人気のため売れてしまったのでしょう。

ミニコミを5冊以上買うとオリジナルの紙袋をもらうことができます。手塚治虫ファンの方は1000円払って手に入れたいところ。

ほかには、青幻舎さんのブースで360度の絵本が展示されていました。「白雪姫」「富士山」のほか、最新作の「地球と月」を見ることができます。

写真撮影を楽しむ!

キャラクターと記念撮影

bookfair2016-9

アニメ「チーズスイートホーム」に登場する子猫のチー

Perfumeの音楽に合わせて、ダンスショーを行っていました。大勢の人が集まって、みんなこぞって撮影してましたよ。終了後は着ぐるみと一緒に記念撮影もできます。

このほかにもキャラクターの着ぐるみが、ちらほらいました。(名前がわからない。。)

シン・ゴジラもいるよ

bookfair2016

bookfair2016-8

ど迫力なシン・ゴジラ
映画のアートブックである「ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ」のPRのため展示されていました。

作り込みがすごかったです。映画を観たばかりだったので興奮しました! 触ることはできませんが、撮影可なので記念に撮りましょう!

おわりに

東京国際ブックフェアは、本好きにとっては天国のような空間でした。

新たなジャンル開拓にも適しているので、気になる方は是非! 週末は近所の本屋に行かず、ビッグサイトへ行きましょう!

のちほど追記するかもしれませんが、とりあえず現場からは以上です。

本好きにとって天国! 東京国際ブックフェア2016に行ってきた!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク