BALYET TOFFEE COFFEEのチョコレートを朝食に。

旅先でもチョコレート。

先日東京を訪れた際、少し時間が空いたので新宿タカシマヤで開催中の「アムール・デュ・ショコラ」へ行ってきました。

名古屋と比べて売り場面積や混雑具合はどのくらいなんだろう?という疑問を解決するために。

ついでに気になるチョコが見つかったら買おうかなーなんて思っていたのですが……やはりといいますか、案の定見つかりますよね。会場を後にする頃には僕の財布が少しだけ軽くなっていました。

一目見たとき、

「明日の朝食にしよう!」

と決めて購入したものがこれから紹介するBALYET TOFFEE COFFEEのチョコレートです。

スポンサーリンク

大阪にあるBALYET TOFFEE COFFEE

BALYET TOFFEE COFFEE(バルイェット トフィー コーヒー)とはその名の通りトフィーとコーヒーのお店。大阪の天王寺に店舗があります。

ちなみにトフィーとはバターと糖蜜または砂糖を加熱して作るお菓子のこと。キャラメルのサクサク食感がたまらないんです…!

こちらのお店ではドライフルーツとチョコレートをトッピングしています。

キャラメルとチョコの組み合わせが絶品なトフィー

マシュマロ&ストロベリー

ビターチョコレートに甘いマシュマロをトッピング。赤と白と赤の組み合わせが美しく、一際目立っていたような。

さっそく食べてみたところ、サクサク&パリパリのキャラメルとチョコの中に柔らかなマシュマロが混ざり合い、食感が楽しい!

仄かな酸味と苦味もあって個人的に大好物です。

ストラスゴー

ホワイトチョコレートにトッピングされたフルーツ。

“ストラスゴー” という名前の由来はなんだと思いますか?

ストロベリー、ラズベリー、マンゴーを使っているので、そこから作られた造語なんじゃないかな?

こちらはとにかく甘い
ホットコーヒーといただいたのですが、相性抜群でしたね!

ほかにも食べてみたいチョコがたくさん!

  • チョコバナナ
  • ラムレーズン
  • チョコとピスタチオ

などなど。
まだまだ食べてみたい組み合わせがたくさんありました。今後大阪へ行く際にはぜひとも立ち寄りたい!

ラインナップを公式サイトで見る

朝食代わりにチョコレートを


寝ぼけ眼に甘いトフィーと苦いコーヒー。
ゆっくりと目がさえていく過程はまさに至福のひととき。

さすがにお腹いっぱいにはならないけれど、かなりの満足度があるので朝食の量を抑えたいときに食べてみてはいかがでしょう。口の中が甘いもので満たされると思いますよ!

スポンサーリンク

\ みんなにシェアする /


\ フォローする /

スポンサーリンク
スポンサーリンク