神保町の美容室「moloco(モロコ)」はブックカフェのような雰囲気!

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

以前、東京・勝どきにある美容室「VISAGE crew」さんで髪を切ってもらいました。初めて利用した美容室だったのですが、店内に飾られていた本や手書きのポップがすごく良い雰囲気。まるで本屋さんみたいな空気感があり、とっても居心地が良かったんです。

そしてその時、「ほかの美容室の本棚も気になる!」という想いが芽生えました。個性溢れる美容室の取材は楽しかったし、こうやってブログに書くのも楽しすぎたので是非ともシリーズ化していきたい!

そんなわけで、この記事では美容室の本棚企画、第2弾をお送りします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

神保町にある美容室「moloco」

今回ご紹介するのがこちらの「moloco」という名の美容室。

正式名称は「hair&gallerybooks moloco」。ギャラリーブックスなんて書かれてあったらやっぱり気になりますよね。内装はどうなっているんだろう?

気になってホットペッパービューティのページへいくと、ブックカフェみたいな内装と書かれていました。文字の他に少しだけ写真が載っていたので見たところ、確かにそんな雰囲気! ブックカフェっぽい!

これを見て僕の直感が「ここに行け」と訴えてきたので信じてみることに。事前に問い合わせたところ撮影OKを頂けたので、予約して行ってきました!

molocoさんの住所を確認するとakimotoビル1Fとありますが、階段を登ったところに入り口があります。

それでは白い扉を開けて、いざ店内へ!

店内はそれほど広くはないですが、本当にカフェみたいな雰囲気で居心地◎。似たようなカフェによく行くことが影響しているのか、初めて訪れたとは思えないほどの親近感。実はけっこう緊張してたんですけど、自然と肩の力が抜けていくのがわかりました。

上の写真にもチラッと写っていますが、本があるから落ち着くのかもしれませんね。続いてはmolocoさんの店内で見つけた本を紹介します!

moloco で見つけた本

映画にもなった 夜は短し歩けよ乙女 の小説。

写真からは見切れてしまいましたが、僕も読んだことのある「女子高生に殺されたい」という漫画を発見。本の内容はさておき、知ってる本が並んでいると嬉しくなりますね。

OZ のバックナンバーがありました。この雑誌とmolocoさんの雰囲気はとてもマッチしている気がします。

右にある パンの漫画 はなんと直筆のサイン入り! 短い時間でスラスラ読めるので、施術中の読書に向いているのではないかと。

左にある 可笑しなヘンタイ図鑑 が気になって読んでみると、けっこうガチな変態さんが出演してて驚きました。クスッと笑えるような、愉快な変態さんが出てくると予想していたので「お、おう…」という反応になってしまった。。

顔が引きつってしまうほどの行為には割と本気で引きましたよ、えぇ…。美容室で読むには勇気がいるかもしれません。。

並べられている本についてお聞きすると、店長の高橋さんが読み終えたもので占められているんだとか。どうやら漫画が多いようです。

僕自身それほど漫画を読まないこともあり、知らない作品ばかりで新鮮でした。とんかつDJアゲ太郎ってどんな内容なんだろう。気になって仕方ない。笑

ちなみに、人によって好みの分かれそうな本は、あえて目の届かないところに置いてあるとのこと。一応写真は撮ったんですけど、あえて載せずに行ってからのお楽しみということにしておきましょうか。

このようなアートブックも多かった印象。こういうのって買うとものすごく高いイメージがあるので、美容室で気軽に読めるのは嬉しいですね。本屋さんだと中身を確認できないことすらありますから。

さり気なく置かれていた”うどん“。ちょっと理解が追いつかなかったのですが、話を聞いてみるとお客さんからお土産で貰ったとのこと。まさかうどんを飾る美容室があるなんて…笑

フォトジェニックな待合席

店内で一番衝撃的だったのがここ。

本と雑貨、植物とヘアケア製品が集められており、めちゃくちゃオシャレな待合席に仕上がっています。外から差し込む光のおかげもあってフォトジェニックな場所なので、写真を撮らずにはいられませんでした。

「ここ、美容室だよね?」

途中、そんなことを思いながら撮ってました。

本の中にいる美容師さん

お店の方に紹介して頂いた ときめく文房具図鑑。名前の通り文房具や文房具店を紹介している本です。

付箋が貼ってあったので該当するページを開いてみると・・・

molocoで働いている冨田絢香さんの名前を発見!

様々な職業の方が愛用している文房具を紹介する「文房具なヒト」というコーナーにて紹介されていました! すごい!

冨田さんは絵や文字を書くことが好きで、神保町のお店をまとめた地図「Jimbocho Map」を手掛けています。

手書きによるデザインがステキ! 飲食店から書店まで、1枚の絵の中に情報が凝縮されています。(拡大して見てね)

イケメン店員 集う店 !!」と書かれていたりして、リアルな口コミが期待できそう。ランチのお店選びに迷ったら、このマップを参考に訪れてみるのもいいんじゃないかな!

Jimbocho Map は moloco で貰えるので欲しい方は気軽に問い合わせてみてください!

本も良いけど、ヘッドスパも良い

カット料金は5,400円
ヘッドスパとセットになると6,480円

ところがホットペッパービューティのクーポンを使うと500円割引で5,940円

ふつうにカットするのとそれほど料金は変わらないし、せっかくの機会なのでヘッドスパをしてもらいました。

これがまた気持ちよくって。寝落ちするかしないかの境界線に意識がずっとあって、終わらないでくれ…と祈りつつ頭のマッサージを堪能してました。クーポンを使えばプラス500円でできるとか最高か。

目の疲れから頭がこるみたいなので、デスクワーク中心の生活を送っている人におすすめしたい。

ポイントが溜まれば無料でやってくれます!

(ポイントカードのデザインも素敵。なにかと心をくすぐられる)

神保町を散歩する前に行ってみてはいかが?

ブックカフェみたいな内装が気になり訪れた美容室「moloco」。本に囲まれた環境でカットしてもらい気持ちのいいヘッドスパを堪能し、リラックスした時間を過ごすことができました。

お店の方々と話していると、神保町という街が好きなんだろうなぁ…ということがひしひしと伝わってくるんですよね。メジャーなところもマイナーなところも知っていそう。

神保町を観光しようと考えている方は、その前に気分転換込みで訪れてみてはいかがでしょうか。もしかするとJimbocho Mapにまだ載っていないお店を教えてくれるかもしれませんよ。

⇒ ホットペッパービューティで詳細を見る

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告