児童書と北欧の本がある「トムの庭」と「kokoti cafe」

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

名古屋にブックカフェがないか探していたところ、いい感じの雰囲気をしたお店を発見!

インスタで写真を見て「好きだろうな〜」という直感が働き行ってみると、まさにその通り。北欧風のカフェと本屋さんが良いバランスで共存していて居心地最高。料理が美味しく内装も素敵なので「住みたい」と思ってしまうほどでした。

今回、撮影許可を頂けたので店内の様子を写真多めでお届けします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

児童書・絵本が多めの「トムの庭」

建物の2階にあるのは「トムの庭」という本屋さん。ここでは多くの児童書や絵本を取り扱っています。

小さい子どもを連れているお客さんが多かったので、低い位置から撮ってみました。子どもの視点だとこんな風に見えてるのかな?

読んだことのある絵本を見つけるとテンション上がるのですが、特に興奮したのは「デルトラクエスト」を見つけたとき!

その内容はファンタジー小説。

小学生の頃友達に貸してもらって読んでたんですよね。めちゃくちゃ懐かしい気持ちになって昔を思い出していました。(ついつい肝心な本の撮影を忘れてしまうほど…笑)

1階は北欧に関する本が並ぶカフェ

ブックカフェの1階は「kokoti cafe」という名のカフェスペース。ソファ席の後ろに本が展示されており自由に読むことができました。

本の種類は北欧に関するものが多め。食に関することやデザインに関することなど幅広く取り扱っている印象。

本の中には日本の日常にはない光景が広がっているので、てきとうにページを捲っているだけで発見があり面白い。

カフェなので北欧っぽい料理を注文。フィンランドといえばベリーが有名ですからね。ベリーソースをミートボールにかけて美味しくいただきました。

食事のあとはアイスティーで一息。

フィンランドの企業「イッタラ(ittala)」のグラスを使ってるのがまた素敵。店内には北欧製品・北欧雑貨がたくさん。好きな人にとっては最高の空間なんだと思います。

ちなみにムーミングッズもありましたよ!

おわりに

個人的には1階にあるカフェがすごくお気に入り。食べてみたいメニューが他にもあるので、また改めて行ってみようと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告