写ルンですでイルミネーションを撮影するとこうなる

クリスマスに向けて煌びやかになる街。キレイなイルミネーションを見ると、ついつい足を止めてしまいますね。移動する際は大体カメラを持ち歩いているのでついついパシャリ。

いつもはミラーレスで撮影しているのですが、ふと疑問に思ったことがありました。

「イルミネーションを “写ルンです” で撮ったらどんな感じになるんだろう?」

写ルンですといえば暗所での撮影に向いていません。(フラッシュはあるけど個人的に仕上がりの写真が好きじゃない)

もしかしたら真っ黒の写真が出来上がるかもしれない…。でも撮ってみないことには分からない…。

確かめてみたいなーということで先日イルミネーションスポットへ行き撮影。近い距離からフラッシュありとフラッシュなしで撮ってみました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

撮影対象は名古屋駅のイルミネーションスポット

今回撮影するものはこちら。
名古屋駅前で光り輝く大きな木。

“光るブロッコリー” なんて言われていますが本当にその通りだと思う。僕は好きですよ。

撮影する場所はここ。
水色で囲ったエリアから撮影してみます。

フラッシュありとなしで撮影!

まずはミラーレスで。
この景色を写ルンですで撮影するとどうなるのか、それがこちらになります!

フラッシュありとフラッシュなしの2枚続けてご覧ください。

写真の中に光るブロッコリーを確認。
思ったよりも暗くない…!
わりと良い感じに撮れていますね。

フラッシュありとフラッシュなしでの差はほぼありません。正直なところ、僕自身どっちがどっちか覚えてないという…笑

それほどまでにパッと見同じような仕上がりになりました。

写ルンですを持ってイルミネーション巡りへ

別角度からもう一枚。

近くから撮影すれば問題なし!
距離さえ気をつければ「全ての写真が真っ黒に…」という悲しい事態を防ぐことができそうです。

高性能なスマホやカメラでの撮影も楽しいですが、あえて “写ルンです” を持ってイルミネーションを撮りに出かけてみませんか?

ただキレイなだけじゃない、趣のある写真を撮影できるかもしれません。

↓今回使用した写ルンです↓

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告