G9X Mark2をレビュー。購入の決め手は胸ポケットに入るサイズ感

予算5万円くらいでコンデジを買いたい

ミラーレスよりも気軽に持ち歩きたいと思い、コンパクトなデジタルカメラ(通称コンデジ)を探していました。候補に挙がったものは以下の5つ。

  • XF10
  • RX100M3
  • G7X Mark2
  • G9X Mark2
  • GR2

ここからかなり迷いました。
どれも魅力的で良いところを探すと甲乙つけがたい…!

今回は画質は追求しない方向で。シャッター音、見た目、手に持った感じなど、フィーリングを重視して選びました。

 

結果的にG9X Mark2を購入。
ミラーレスよりも気軽に持ち運ぶようになり、2か月ほど使用。この記事では作例や使用感についてお届けします。

スポンサーリンク

小さなコンデジ「G9X Mark2」をレビュー

幅98mm、高さ57.9mm、奥行き31.3mm。

ポケットに抵抗なく入るサイズ感。おかげで持ち運ぶハードルが圧倒的に低くなり、日常使いにぴったり。

 

胸ポケットにも入る。
こんな感じで日々出かける際に持ち歩いています。(ほかのコンデジだと入りそうで入らなかった…!)

 

こちらは背面。
タッチパネルと物理ボタンを組み合わせて使用します。

 

最初、十字キーがなくて戸惑いましたが慣れの問題でした。スマホを扱うような感覚で直感的に操作可能。

 

G9X Mark2のバッテリー。
ボディに負けず劣らず小さい。

フル充電時は235枚まで撮れるとのこと。
これを多いと思うか少ないと思うかは使い方次第なのかなと。

僕の場合、たくさんの写真を撮る時はミラーレスを持ち出します。あくまでG9X Mark2は日常のスナップ用。1日数枚しか撮らないことも。

そのような使い方をしているからなのか、バッテリー残量に困ることはありませんでした。充電するのは週に1回程度なので。(いざとなったらUSB充電できるし!)

 

電源ボタンを押すと自動でレンズが飛び出します。レンズキャップをはめる煩わしさとは無縁。超便利。

起動時間は1.1秒
ポケットからサッと取り出し、サクッと撮影できる。

 

本体の重さは182g
バッテリーとSDカードを含めると総重量206g。軽いって素晴らしい◎。

ここからは作例を交えてご紹介。
せっかくなので加工せず、Jpeg撮って出しの状態で載せました(リサイズのみ実施)。

便利なズーム機能

とある日の夕焼けがとても印象的で。
もっと近くで見たいと思ったんです。

そんなときはズーム機能の出番!

 

光学ズームで3倍まで拡大可能。
3倍の先、デジタルズームを用いればさらに遠くまで対応。いろいろなシーンで活用できそうです。

手ブレ補正搭載。G9X Mark2で暗いところを撮影

暗いところでも安心。
手ブレ補正を搭載しています。

 

プロジェクションマッピングも大丈夫。(ボツになった写真もありますが…)

スペシャルシーンモードで簡単に最適化

夜景、ポートレート、打ち上げ花火など、様々なシーンに最適化してくれる機能。スペシャルシーンモードを使えば自動的に調整してくれる。

オートモードで思い通りの写真にならないとき、試し見てみるといいかも。

ただ、オートモードで大体なんとかなるんですけどね。笑

G9X Mark2の気になるところ

小さくて軽い。
デザインも好み。使い勝手もよく満足しているのですが、気になる点もいくつかあります。

ファインダーがない

晴天時の屋外撮影であるといいなと思うこともしばしば。背面モニターに光が反射して見えないことがあるんですよね。。

あと、ファインダーのある撮影に慣れてしまっているからなのか、今でもたまに顔に近づけてしまいます。ちょっと恥ずかしい。。

もう少しボケたら最高だった

画質やボケ具合は追求しないと言いましたが、いざ使ってみると気になるところ。。かき氷を撮影したとき、もう少し背景がボケてくれたら最高だったのに。。

不満な点を挙げるとしたらこれくらい。
手持ちのミラーレスもあるので、シーンに応じてうまく使い分けていきたいですね。

スマホで十分、という意見もあるけれど

最近のスマホはすごい。
カメラ機能の進化には目を見張るものがありますよね。

「スマホで十分」と考える人も少なくないはず。コンデジを見られるとそう言われることもあるし…。

だけどやっぱりカメラでの撮影は楽しい。

物理ボタンに指を添え、ここぞという瞬間にシャッターを切る。「カチッ」という音も耳に心地よく、撮っていて楽しいから。

今回ご紹介した「G9X Mark2」は高性能なスマホより安く買えます。気軽に写真を楽しみたい人におすすめ。

G9X Mark2のカラーリングは2種類

前向きに購入を検討しているなら色選びも大事。

シルバーとブラックの2種類がありますよ。

僕はシルバーにしました。
決め手となったのはグリップの色。
おしゃれなブラウンに惹かれたので迷うことなく決定!

 

青系の服をたくさん持っているので。
ブラウンと合うだろうな、という予想は大当たりでした。

色選びに迷ったら、ファッション視点で選んでみるのもアリかと!

最後に、G9X Mark2の作例をまとめて掲載

カメラ
スポンサーリンク
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Bookarium