オリンパスのカメラが故障。修理に出して返ってくるまで

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

先日、僕が使っているミラーレスカメラ「オリンパス OM-D E-M10 Mark II」に不具合が起きました。

症状は、モニターが映らない

チルト液晶なので上下に動かしてみたところ、映る角度もある…。

ファインダーを覗いたらどの角度でも大丈夫でした。なので撮れないことはないんです。

でも使い勝手が悪い…。

修理に出すといつ戻ってくるのか分からないし、直近でカメラを使う予定もある。そういうわけで後回しにしていたのですが、いよいよ深刻化してモニターの画面がほぼ映らなくなってしまいました。

「これ以上は無理だ、諦めよう」ということで修理に出すことに。今後も故障することがあるかもしれないので、備忘録のためにもその時の手順や、カメラが返ってくるまでのことを残しておきます。

もしオリンパスのカメラが故障してどうしようか悩んでいる方は参考にしてみてください。

※修理に出したカメラは購入から1年未満のもの。保証書あり

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

オリンパスのカメラを修理依頼

ウェブ、または電話にて連絡

今回僕は電話を使いました。オリンパス指定の業者に繋がるので、カメラ修理の旨を話し希望の日時を伝えます。

電話番号はオリンパスの公式サイト「カメラ・オーディオ製品 | 修理について」のページから詳細を見ると書かれています。ウェブによる申し込みも同じページから遷移できるのでご確認ください。

修理用カルテを記入

続いては「返送先」「製品の使用状況」「故障の内容」などを明記する修理用カルテを用意します。PDFファイルとして配布されているので、公式サイトからダウンロードして記入してください。

この修理用カルテですが、カメラ専用というわけではないようです。「お使いのパソコンの種類」「ご使用のOSとバージョン」といったカメラに関係のない項目がありますが、未記入で大丈夫です。

宅配業者に引き渡し

希望した日時に宅配業者が回収へとやってきます。故障したカメラを渡せば丁寧に梱包してくれることでしょう。

今回、カメラ本体だけではなくレンズとキャップ、バッテリーも一緒に送りました。モニターが映らない原因は、本体のせいとは断言できなかったからです。

SDカードはデータが消える可能性があるとのことでやめました。

保証書がある場合は一緒に渡しましょう。修理金額にかかわってくるので絶対に忘れないようにしてくださいね。

サービスステーションへの持ち込みも可能

宅配業者を利用する場合、税込み1,620円かかります。

往復の送料を払いたくない場合、近くにサービスステーションがないか確認してみてください。以下の4つ駅近くにありました。

  • 東京:新宿駅
  • 大阪:本町駅
  • 福岡:天神駅
  • 北海道:札幌駅

交通費か送料か、自分にあった方をお選びください。(僕は持ち込むのも取りに行くのも面倒だったので宅配にしました)

オリンパスのカメラが修理から戻ってくるまで

何日かかったかというと、5日で帰ってきました

支払いにクレジットカードは使えなかったので、代引きで税込み1,620円を宅配業者の方に支払います。

僕個人としては5日で済んでよかったという気持ち。保証書があったので追加で料金が発生することもありませんでした。

あと嬉しいことに新品のように綺麗になって戻ってきたので、悪いことばかりでもなかったかなぁ。。。

ただ、ちょっとした誤算もありました。

モニターの保護フィルムが新しくなってる…

カメラのモニターが傷つかないよう保護フィルムを貼っていたのですが、それが新しくなってました。たしかこれ、買った直後にも見たような気がする…。ぺらっぺらのやつや…。

というわけで新しく買うことにします。

モニターの不具合で修理に出す場合、保護フィルムは無くなって帰ってくる、と想定しておいた方がいいかもしれません。

まとめ

あくまで僕の場合ですが、

  • 戻ってくるまでに5日を要した
  • 保証書があれば料金の心配は不要
  • 新品同様、綺麗になって帰ってくる
  • モニターを修理する場合は保護フィルムを買い足しておこう

5日間カメラを使えなかったのがけっこう不便だったので、もう一台サブとして購入するのもありかなぁ、なんて考えてます。失ってみて初めて大事なモノだと気づかされました。

オリンパス公式サイト:カメラ・オーディオ製品 | 修理について

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告