女子高生に殺されたい:あらすじと感想(ネタバレあり)

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

突然ですが、
女子高生に殺されたいと思ったことはありますか?

・・・

いきなりすみません。びっくりしますよね。

では改めて、
女子高生に殺されたいって思ったことはありますか?

今まで生きてきた中で一度もないですか?

・・・

僕は考えたこともありませんし、そういうことを妄想している友達も知りません。

でも、もしそんな人がいたら…。女子高生に殺されたい…と願っている人がいたら…。

これから紹介する漫画は、そういった思考の持ち主が主人公。

漫画のタイトルは、ド直球の「女子高生に殺されたい」。著者は古屋兎丸さん。全2巻の完結済み漫画です。(略称はじょしころ?)

※最後にネタバレを含む感想があります

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

女子高生に殺されたい あらすじ

joshikoro

主人公、春人の夢

東山春人(ひがしやま はると)
34歳独身。

群馬で生まれる。幼少期は明るくも暗くもない性格。親から放任で育てられた影響で、親に頼らず生きていくクセがついた。成績良好、運動もそこそこできた。

進路を考え始めた高2のころ、ある感情が芽生える。

「目の前の女の子に、殺されたい」

大学に進学した春人は心理研究科に在籍。上京し臨床心理士を目指す。

今までは漠然と「可愛い子に殺されたい」と思っていたのが、より明確になり、それは夢へと変わる。

「女子高生に殺されたい」…という夢に。

夢に向かって一直線! 現職は…

春人は夢を叶えるため動き出す。
環境を変え、臨床心理士になることもやめて、教員免許の取得に成功する。

現在は高校教師として働く日々を送っている。

こんな死に方は嫌! 春人の理想の殺され方

joshikoro5

女子高生に殺されるといっても、多種多様な方法があることでしょう。春人なりに、こだわりやポリシーがあるようでした。

「崖や駅のホームから突き落とされる」といった、一発で殺されるものは嫌。女子高生に恨まれて、その彼氏に殺されるのは問題外。

絞殺・撲殺・刺殺といった、何回も繰り返され、自分の想像を上回る苦痛が良い

でも、こちとら死は怖いので抵抗する。だから自分の力を上回る子じゃないと無理!

かといって女子プロレスラーみたいな人はNG。文化系の細い子が理想的

また、完全犯罪であることが絶対条件。女子高生側に罪を償わせてはいけない。



熟考した結果、春人がたどり着いた理想の殺され方は扼殺(やくさつ)。手で首を絞め殺されることを望んだ。

ターゲットは佐々木真帆

joshikoro4

佐々木真帆(ささき まほ)。16歳。
春人が勤める高校に通う女子高生。
この物語に登場する超重要人物である。

なぜかというと、春人は真帆に殺されることを望んでいるから

その理由は彼女の秘密にある。春人の理想の殺され方を実現できるのは真帆以外にいない。このあたりの謎は、ストーリーが進むにつれて明らかになっていきます。

もしかしたら身近にいるかも…

joshikoro7

作中に出てきた言葉「オートアサシノフィリア」。その意味は、自分が殺されることに性的興奮を覚える性的嗜好。春人もこれに該当するようです。

こういった言葉を今まで聞いたことがなかったので、正当性を持たせるための造語なのかな?と思って調べてみたら、検索でヒットしました。

Wikipediaには「恐怖に慄く状況への性的嗜好」と紹介されている。

女子高生に殺されたいと思っているのは春人だけではないかもしれない。

漫画の話だから特別…というわけでもないかもしれない。

もしかしたら、すぐ近くに「女子高生に殺されたい」と考える人が…いるのかも。

感想(ネタバレなし)

joshikoro1

以上、ここまでの紹介が第1話の内容。
わずか29ページなのにもかかわらず、ものすごく濃い内容でした。

ぶっとんだ話なんだけど、妙にリアリティがあるのが不思議。全体的に暗い雰囲気で、読み進めていくのが怖かった。

時折、春人の妄想が絵になってるんだけど、それがもう不気味で仕方ない。妄想とはいえ真帆に殺される春人の姿がグロテスクなんですよ…。ページをめくると急に目に飛び込んでくるから心臓に悪いっす…。真夜中に読むと寝れなくなっちゃうかも…。

春人と真帆以外の人間関係。複数の視点で進むストーリー。サスペンス要素や、計画がうまくいくかのハラハラ感が、なんともいえない味を出していました。

はたして春人の完全犯罪(殺されるのは自分)は成立するのか。気になった方は是非ご一読あれ! 2巻で完結するのであっという間に読めちゃいます!

次のページにはネタバレを含む感想が書いてあるので、大丈夫な方のみ進んでください。

女子高生に殺されたい:あらすじと感想(ネタバレあり)
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク