ディズニー・アート展のグッズとショップ入店までの待ち時間について

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2017年4月8日から日本科学未来館にて開催している企画展「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」に行ってきました。

この記事では、次の3のことについて書いています。

  • ディズニーアート展について
  • ショップへ入るまでの待ち時間
  • ショップで販売しているグッズ

これからディズニーアート展に行ってみようと考えている方は是非ご覧下さい!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法

ミッキーマウスの誕生から最新作「モアナと伝説の海」まで約90年分にも及ぶ原画を約500点展示。そのほとんどが日本初上陸とのこと。

土曜日の午前中に行ってみると、会場内はそれほど混雑しておらず、わりと快適に展示を見ることができました。会場そのものがディズニー仕様のようになっており、雰囲気もいい感じ。スクリーンで観る前の段階の原画やコンセプトアートは見応え抜群です。

特に「塔の上のラプンツェル」のコンセプトアートが最高だった。闇夜の中、塔の頂上に登ったラプンツェル。風によってなびく長い髪。その後ろ姿は惚れ惚れするほどかっこいい。

同じ絵をネットで探してみたのですが、高精細な画像が見つからなかったので是非会場にてご覧ください!

ショップへ入るまでの待ち時間

展示会場を抜けたところにショップがあるのですが、グッズよりも人混みが目立つ状態。さっそく並ぼうと思ったら……ここではなく別のところから行列が続いているとのこと。案内に従い進んでいくと、会議室みたいな部屋に通されました。

そこで目にした光景はさらに長い行列。ショップに入るためには並んで待つしかありません。スタッフさんにチケットを提示して、いざ!行列の最後尾へ。

12時50分 並び始める

行列に並んでいる人のほとんどがスマホを見ています。待機列からQRコードが読み取れるようになっており、ショップで販売しているグッズを見ながら待ち時間を過ごしていました。

おかげでいい感じに暇つぶしができたので、並ぶことも苦ではなかったかな。

13時10分 お店の中へ

20分後にはお店の中に入ることができました。意外とあっという間だった印象です。

ちなみに、待ち時間をお知らせする公式のTwitterアカウントを確認すると、最新のツイートで30分かかると予想されていました。

定期的にツイートしているようなので、参考にしてみてください!

ディズニーアート展のショップで販売しているグッズ

ショップ内にあったグッズを写真に収めてきたので、いくつか載せておきます。

↑クラシックプレート

↑湯呑み

↑缶バッジ

↑豆皿

↑ぬいぐるみ ウィリー

↑クリアファイル

↑巾着袋 メインアート

↑スチームクリーム

↑各ディズニー作品のメモ帳

このほかにも盛りだくさん! ざっくりと見た感じ、ここでしか買えない会場限定のグッズが多くありました。皆さんそれらを買うために来ているのか、すごい人…。

ショップ内は決して狭くはないのですが、人が多すぎてとにかく窮屈。ゆっくり立ち止まってグッズを見る余裕もないくらい…。あらかじめ買うものをある程度決めておいた方が良さそうです。

でも、ディズニーのグッズを目の前にすると欲しいモノがたくさんあって迷っちゃうんですけどね。笑

ちなみに個人的に一番気になったグッズがこちら。ピノキオのマグカップです。(3,800円)

温かみを感じられる木製のマグカップに心惹かれたのですが、残念ながら品切れ中でした…。

これ以外にも品切れ中のグッズを見かけたので、欲しいモノがある場合は早めに行ったほうがいいかもしれません。

東京での開催は9月24日まで

日本科学未来館での開催は約5か月間と長め。GWや夏休みを利用して訪れてみてはいかがでしょうか。関東圏にお住まいの方はお見逃しなく!

▼東京での展示について
時間:10時~17時
期間:2017年4月8日~9月24日
会場:日本科学未来館
住所:東京都江東区青海2丁目3番6号

毎週火曜日は休館日ですが、以下の日程は開館します。

  • 5月2日
  • 7月25日
  • 8月1日、8日、15日、22日、29日

東京での開催が終了すると、大阪、新潟、仙台で展示予定。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告