神保町の「たいやき神田達磨」は鯛焼き以外のメニューもおすすめ!

jimbocho-taiyaki-0

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

神保町を歩いていると、たい焼きを食べている人をよく見かけますよね。

おそらくみんな「たいやき神田達磨」で買っていると思うんです。神保町でたい焼きといえば、あのお店しかないので。そういえば、たいやき神田達磨神保町店ではこんな言葉があるんだとか。

神保町 たい焼き片手の 古書めぐり

駅から近いこともあり、僕も頻繁に買って食べています。そして通い続けてほぼ全てのメニューを食べました。せっかくなので、とあるメニューを除き写真付きで一挙に紹介したいと思います。

たいやき神田達磨の看板メニューといえば羽根付きたい焼きですが、ほかにも美味しいお菓子がたくさん隠れているんですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

神田達磨の羽根付きたい焼き

jimbocho-taiyaki-1

jimbocho-taiyaki-2

四角い大きな羽が特徴的。
羽の部分のパリパリ感、身の部分のもっちり感。ひとつのたい焼きで複数の食感を楽しめる逸品です。

jimbocho-taiyaki-3

鯛の尻尾までぎっしりと詰まった餡。
甘さ控えめなので最後まで飽きることなく食べられるでしょう。

美味しそうだけど、あんこが苦手…という方も安心してください。神田達磨ではクリーム味のたい焼きを販売しています。

jimbocho-taiyaki-4

ぜひともたい焼きの食感をクリーム味でお楽しみください。こちらもオススメです。

持ち帰って食べる場合、レンジで15秒温めてからオーブントースターで2~3分温めるといいとのこと。おそらく買った際に「たい焼きのおいしい温め方」という紙が同封されていると思うので、そちらを参考にしてみて下さい。ちなみに、冷めた状態でも食べましたが相変わらず美味しかったです。

■価格
粒あん:150円
クリーム:170円

本わらび餅

jimbocho-taiyaki-6

みんな大好きわらび餅
暑い夏に食べれば涼を感じられること間違いなし。寒い時期、こたつに入りながら食べるのも乙ですね。要するにいつ食べても美味しいです。はい。

一つ一つのサイズは大きめ。全て食べるとけっこうお腹いっぱいになります。

jimbocho-taiyaki-5

わらび餅にはこれでもか!ってくらいきな粉がまぶしてあります。それなのにも関わらず、別途きな粉が入った袋がおまけでついてくるんです。正直これ以上かけるとお口の中がパサパサになりかねないので使っていません。

その代わり、牛乳に溶かして美味しくいただきました。

■価格
5個入り:330円
10個入り:580円

かりんとう饅頭

jimbocho-taiyaki-7

1個120円で販売しているかりんとう饅頭

どんなお菓子かというと、名前の通りかりんとうと饅頭が組み合わさったものです。表面がかりんとうで、中にはあんがぎっしりと詰まっています。

かりんとうの苦みと、あんの甘さ。この2つの相性が最高なんです!

そしてなにより、口に入れて噛んだ瞬間のバリッとした食感。パリっと、ではなくバリッと。あれがたまりません! どの味も美味しい!

あんは全部で3種類用意されています。

  • 粒あん
  • 芋あん
  • ゴマあん

写真付きで、順に紹介していきますね。

粒あん

jimbocho-taiyaki-10

これぞ王道。
選択肢に迷ったら粒あんを食べておけば大丈夫。そう言い切れるくらいの安定した美味しさがあります。変わり種は粒あんを食べてからでいいでしょう。

個人的にですが、甘さ控えめな粒あんでした。

芋あん

jimbocho-taiyaki-8

表面についているのは黒ごま。その風味もちゃんとある。

カリッカリなかりんとうの奥には芋のあん、というよりスイートポテトを食べているかのよう。なんだか秋を感じるような味わい。芋好きの人はにはぜひとも食べてみてほしい。

ゴマあん

jimbocho-taiyaki-9

見た目は粒あんよりも濃い。
食べると黒ゴマの香りが口いっぱいに広がります。かりんとうの表面にある白ごまの風味も中々いい味を出していました。暖かいお茶と一緒に食べたいお菓子です。

持ち帰って覚めてしまった場合はトースターを使いましょう。3分~5分ほど焼くといいとのこと。たいやき神田達磨ではたい焼きが有名すぎて見落としがちですが、かりんとう饅頭もおすすめなので是非ご賞味あれ!

ちなみに、楽天で購入することもできます。笑

※それぞれ直に手で持つと、油で手がベタつくので注意が必要

価格:各120円

揚げたい焼き

jimbocho-taiyaki-21

さいごの一つは揚げたい焼き
残念ながらまだ食べたことがありません。いつも羽根付きたい焼きに手が伸びるので。。

お店のメニューを見ると、羽根付きたい焼きと同じく、粒あんとクリーム(カスタード)があるとのこと。どんな見た目でどんな味をしているのか。近々食べてみたいと思います。

■価格
粒あん:160円
カスタード:180円

まとめ

僕が食べたお菓子は全部美味しかった。ハズレなし!

あんこが苦手な人でも食べられるようなお菓子が揃っているので、ここに来たらみんながハッピーになれるんじゃないかな! 神保町を散策するときは是非食べ歩きのお供として利用してみてください。

店舗情報

jimbocho-taiyaki-20

曜日や時間帯によっては行列ができていることも。並んだこともありますが、それほど待たされたという印象はありません。比較的すぐに買えるのではないかと思います。

買ったあとは近くにあるベンチで食べることもできます。冬にはストーブがあるので寒い日でも一安心。

営業時間:月~土 12時~22時 日・祝 12時~20時
定休日:なし
住所:東京都千代田区神田神保町1-12-2 神保町1丁目ビル1F

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告