東京駅構内で買えるお弁当「大とろサーモン蒲焼丼」が絶品!

salmon-kabayaki-1

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

東京駅から新幹線に乗るとき、毎回お弁当に悩みます。というのも、駅構内で買える弁当が多すぎる。地方の駅弁コーナーがあったり、その場で作るお惣菜コーナーがあったりと、本当に品数が多い。

でもそんな状況が楽しかったりもするんですけどね。。数ある中から美味しいお弁当を引き当てた瞬間は、なんともいえない幸福感。新幹線の移動時間がハッピーな気分になること間違いなし!

先日食べたお弁当が、まさにそんな感じでした。個人的にめちゃくちゃ美味しかったので紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

京葉ストリートでお弁当探し

新幹線の切符売り場窓口からは少し歩きますが、京葉ストリートまで足を運びます。お土産用の和菓子や洋菓子、スイーツのお店が軒を連ねる中見つけたお店がこちら!

salmon-kabayaki-0

魚力海鮮寿司

鮮魚専門店「魚力」がプロデュースするテイクアウトのお店です。お寿司やお魚を使った弁当が並べられている中、特に興味を引いたのが大とろサーモン蒲焼丼

うなぎを代表する蒲焼という名の魚料理が大好きなので、迷わず購入。はやく食べたい気持ちを抑えて新幹線へと乗り込みます。

大とろサーモン蒲焼丼を食す!

席に着くと出発。新横浜駅を過ぎたところでテーブルを用意。ようやく開封します!

salmon-kabayaki-2

もう見るからに美味しそうなんですけど!! 白米の上に炙られたサーモンが敷き詰められております! 食べてみると、期待を裏切らない美味しさでした!

甘辛いタレ、表面の皮はパリッと、身はふっくらとしていて、もう 最 高。

蒲焼なので、口に入れた瞬間はうな丼を食べているような感覚なんですが、徐々にサーモンの風味がやってきます。

salmon-kabayaki-3

サーモンの裏側にはタレが塗られていなかったんですね。そのおかげか、しつこい味付けになりすぎずに箸がどんどん進む。進む! ちょっと味に飽きてきたかな?というところで添えられている卵焼きを食べれば、優しい味で箸休めにちょうど良い。

熱々だったらもっと旨いんだろうなーと思いつつ、冷めててここまで旨いのもすごいよな…と感心させられました。

salmon-kabayaki-4

あー美味しかった!
これで1,000円! 東京駅で販売されているお弁当は、だいたいこのくらいの価格はするので、高すぎるという印象はないです。1,000円払って食べる価値はあります。

蒲焼が好きなら絶対に外さないお弁当だと思うので、気になった方は食べてみてください!

ちなみに、東京駅だけではなく関東の各地に店舗があります。数が多すぎて紹介しきれないので、最寄りの店舗を探す場合は公式の店舗一覧ページでご確認ください。

大とろサーモン蒲焼丼はボリュームがあるから遠慮したいけど少しは食べておきたい、という方には「つきじ喜代村」のお寿司がおすすめです。少量なので、旅行先でお腹いっぱいになりたい人にとってちょうどいいのかと。以下の記事に詳細を書いているので、気になる方はご覧ください。

⇒東京駅からの駅弁は「つきじ喜代村」のお寿司がおすすめ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告