東京駅からの駅弁は「つきじ喜代村」のお寿司がおすすめ!

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

新幹線で食べるお弁当って美味しいですよね!

今回は、僕が東京駅から新幹線に乗るときにお世話になっているお店を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

つきじ喜代村

つきじ喜代村

「つきじ喜代村」

東京駅改札内にある、エキュート(ecute)の一角。新幹線に乗る時は、いつもここにあるお寿司を買っています。

最近食べたのがこちら。

まぐろ

つきじ喜代村_まぐろ6貫

まぐろ6貫(900円)

シャリの上に乗っている真っ赤なまぐろ。光沢を放っていて、見た目からして美味しそう!

食べてみると、まぐろの味がしっかりしている。期待を裏切らない味。美味しくて、品川から新横浜までの間、幸せな気分になっていた。ネタとシャリの比率は、まぐろが6。酢飯が4といったところ。このバランスがちょうどいい。

お茶と一緒に食べたけど、お酒との相性も良さそう。新幹線で飲むお酒って、いつもと違う感じがして、より美味しく感じますよね? そのお供に、まぐろのお寿司。いかがでしょうか。

お値段は6貫で900円。
900円と聞くと高いかもしれませんが、考えてみてください。2貫で300円。回転寿司で食べても、そのくらいはするのかなと。

過去にはまぐろ以外のネタも食べたので、他のネタも紹介します。

※画像が残っていなかったため、僕個人のInstagramより引用

エンガワと炙りサーモン

tokyo-station-sushi-1

エンガワと炙りサーモン(800円)

コリコリとした食感のエンガワと甘い炙りサーモンが3貫ずつ。激ウマ!!

このサーモン、何もつけなくても美味しかった。甘いし炙っているため香ばしさもある。いくらでも食べられそう。

3貫だとちょっと物足りない。

・・・・・

6貫食べたいですよね?

・・・・・

あります!!

tokyo-station-sushi-0

炙りサーモン6貫
サーモン好きの、心とお腹を満たしてくれるお弁当。

3貫食べたあとにはレモンをかけるのがおすすめ。ギュッと絞って食べてみると、味が変わって2度美味しい!

サーモンづくしのお弁当は、お値段なんと600円!!こんなに安くていいのでしょうか…。仮に900円で売られていたとしても買うね。

満腹にならない点も嬉しい

僕の場合、寿司を6貫食べても満腹にはなりませんでした。

だけど、それがまた良い!

この話を聞いて、疑問に思う方もいるでしょう。でも、ちゃんとした理由があるんです。それはなぜか?

・・・・・

旅行先での食事を楽しみたいから。

僕が新幹線に乗るときは旅行目的がほとんど。旅行先でも美味しいものを食べたい。

宇都宮や浜松では、餃子を。
名古屋では、味噌カツ、味噌おでん、味噌煮込みうどん、きしめん、エビフライ、ひつまぶし、あんかけパスタ、手羽先、小倉トースト、天むす、台湾ラーメンを食べたい。

着いた時に満腹になっていたら食欲が沸いてきません。無理して食べても美味しくないので本末転倒…。

それなら「駅弁を食べなければいいのでは?」という疑問を抱く人もいるでしょうが、僕にとっては愚問。

旅行だからこそ、新幹線での駅弁も楽しまないと…!

だから僕にとって、お寿司6貫のお弁当がベストなんです。

おわりに

いかがでしたでしょうか。
もしこの記事を読んで、美味しそうだなと思われた方は、ご賞味あれ。


この記事は「コレスキグラム」という企画で書きました。企画説明は「ガジェとろ」さんの記事より引用。

あなたの大好きな、物、人、景色などなど、なんでもいいので、あなたの好きにまつわる1枚の写真を掲載して、それに対する熱い思いを語ってください。

  1. 自分の好きが写った写真と、それに関する記事を書く
  2. Twitterのハッシュタグ「#コレスキグラム」でツイートする

それでは、また!

東京駅からの駅弁は「つきじ喜代村」のお寿司がおすすめ!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク