星奏なつめ「チョコレート・コンフュージョン」感想

チョコレート・コンフュージョン

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

メディアワークス文庫から出版された チョコレート・コンフュージョン

著者は 星奏なつめ さん。

表紙のイラストは カスヤナガト さん。

読み終えたおすすめの1冊!

感想とともに紹介します!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

読んだきっかけ

チョコレート・コンフュージョンは、第22回電撃小説大賞 メディアワークス文庫賞を受賞しています。第21回の「ちょっと今から仕事やめてくる」と同じ賞ということで期待大!

帯には大好きな作家である綾崎隼さんの紹介コメントがあります。

ベッドの中で足をバタバタさせながら読みたい

気になる!

釣られたよ!(笑)

あらすじ

バレンタインすら残業の、仕事に疲れたOL千紗。お気に入りのヒールが折れ、まさに泣きっ面に蜂。そんな千紗を救ったのは、理想の王子様――ではなく、凶悪な目つきから社内で「殺し屋」と恐れられる龍生だった。

千紗はお礼のつもりで義理チョコを渡すが、勘違いした龍生に交際を申し込まれてしまう。「断ったら殺される!?」命の危険を感じた千紗は、偽の恋人になることに。だけど強面の龍生が提案してきたのは、なぜか交換日記で!?

凶悪面の純情リーマン×がんばり過ぎなOLの、涙と笑いの激甘ラブコメ!

↑公式より引用↑

千紗は27歳(作中で28歳になる)
龍生は35歳

年齢差は8。そんなに大した差ではないような気がします。

感想

勘違いから始まる交際関係。

お互いの視点が交互に展開されるので、どんなことを思っているのかが分かり面白い。

勘違いも甚だしく、気持ちのすれ違いっぷりがすごいんです(笑)

・千沙大好き、愛してる状態の龍生

序盤は龍生のことを、本当に気持ちの悪い奴だなって思いました。特に独りよがりな考えのところがね…。

けれど、読み進めていくと熱い気持ちに一途さを感じられるようになって、いい男じゃん!と思えるようになってくるんです。仕事面でアドバイスもして、まさに頼れる男!って感じ

(あれ、なんで女性目線で書いてるんだろう…)

・龍生のことなんて好きじゃない、怖いと思ってる千沙

所々で描かれる感情の表現が好き。

胸の中に飼っている子猫の行動で感情を表現するんです。

例えば、

俯いてばかりだった恋の子猫が、ふっと顔を上げる

ときめいた瞬間の描写ですね!

他にもあります。

胸の中の子猫は、隅っこで震えっぱなし。

不安に委縮して、みーとも鳴かない。

胸の子猫がぴょんと跳ねた

こういった間接的な表現好きなんです!

どんな場面で子猫の描写があったのかは、読んでお確かめください!

おわりに

この本は恋愛小説ですが、コメディ要素も多かった。

キャラの都合上ちょっと不快になるところもあったけど、笑えてキュンとすることができる、おすすめ小説です!著者である星奏なつめさんのデビュー作になるので、次回作にも期待!

※おまけ
あとがきがよかった。勢いがあって好きだ。

個人的にですが、あとがきが面白い作家の本は面白いと思ってます!


前年のメディアワークス文庫賞を受賞した「ちょっと今から仕事やめてくる」の感想はこちら。

星奏なつめ「チョコレート・コンフュージョン」感想
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク