会いたい人に会うため東京へ

東京へ行く理由は観光目的じゃない。

近況報告したい人たちがいる。
お世話になっているコミュニティがある。
だから東京へ行きたい。

そんな理由があって2日間だけ名古屋を離れました。もうこれ以上、”東京へ行きたい欲” を抑えきれなくなって。

スポンサーリンク

新幹線に乗って東京へ

名古屋からの移動は新幹線。
まい泉のエビ・カツサンドと一緒に出発。ひさしぶりに食べたけど安心の美味しさ!

食事のあと睡眠時間にあてようと思っていたのですが、寝れなかったので今流行り?のラジオを聞いてみることに。

▼僕はヒモになりたいラジオ。
URL:https://note.mu/hashtag/僕はヒモになりたいラジオ

これに出演するTomおじさんとは会ったことがなく、今回初めて聞いたのですが、いい感じにゆるくて楽しいんですよ。知ってる人の名前が出てくると、なんだかくすぐったい気分。笑

特にシュンスケさんの回が大好きで、カメラに関するエピソード最高。オチが分かっていても楽しめる。まだの人は聞いてみてほしい。ぜひ第53回目を…!

dripのメンター生卒業イベントへ

その後はdripのイベントに参加。

これからブログを始めようとしている

始めてみたけど伸び悩んでいる

そんな人にとって参考になる内容だったと思います。僕はもうブログ初心者という感じでもないので「うんうん、そうだよね」と共感しながら聞いていました。

そして各々ジャンルは違えど、dripのマインドを受け継いでいるんだなぁと実感できて嬉しかったです。(偉そうにすみません……)

詳しいイベントレポートは他の参加者、もしくは主催者のブログから語られることでしょう(たぶん)。

取り急ぎどんな雰囲気だったか知りたい方は、ツイッターのハッシュタグ「#dripメンター」で検索!

イベント終了後は交流会&飲み会

久しぶりにお会いする人ばかりで超絶楽しかった。

新たな出会いもあったし、ツイッターで繋がっている人ともお話できた。残念ながら話し足りない人もいるんだけど、次の機会を楽しみにしたいですね。

翌日は

代官山にある蔦屋書店へ。
すでに行ったことはあるけど改めて。もうすぐ名古屋に初出店するからね。ものすごく注目してる!

神保町をぐるぐる

僕が東京にいた頃から大好きだった街、神保町へ。

半蔵門線に乗り、駅に着いた瞬間から懐かしさが込み上げてくる。帰ってきたな〜って感じがすごい。地上に出ても見慣れた光景が広がっていた。

そんな神保町に新たな施設が登場。2018年4月11日、「神保町ブックセンター」がオープン。ここは本屋とカフェ、コワーキンススペースを併設。様々なシーンで利用できるそう。

午後からはここでゆっくりしようかなと足を運んでみることに。

カレー食べてコーヒー飲んでまったり。
店内に流れる軽快なBGM、食器が触れ合う音、店員さんとお客さんの話し声。静かではないけれど、騒がしくもなく耳に心地良い。リラックスするには十分な環境でした。

そして印象的だったのがお客さんの年齢層。

おじいちゃん、おばあちゃんが多くいるんですよ。今までオシャレなブックカフェではあまり見かけなかったので驚きでした。長年神保町に通う人がそのまま流れているのかなーと思うとなんだか嬉しくなりますね。

神保町ブックセンターについてはもっと書きたいことがあるのですが、長くなりそうなので一旦ここまで。後日改めて記事を公開したいと思います!

次は秋頃に

ほかにも行きたいブックカフェ、気になる企画展やイベントはあるんです。

でも最近、そういうのは二の次になってきました。

冒頭で述べたように、人やコミュニティありきで考えているから。東京には好きな人たちがたくさんいて、何度も足を運びたくなる。

東京と名古屋、2拠点生活できたら最高なのに。

次は秋頃かな。
たけさんぽ東京、もしくはメッツァビレッジ開業のタイミングで行く予定。

また会えるのを楽しみにしています。

それでは!

スポンサーリンク

\ みんなにシェアする /


\ フォローする /

スポンサーリンク
スポンサーリンク