メキシコホワイトカカオダーク、明治ザチョコレート史上最高の美味しさへ。

“明治ザチョコレート史上最高の美味しさ”

好みの問題があるので誇張しているかもしれないけれど、少なくとも僕にとってはそう思えるような商品が登場しました。

スポンサーリンク

バレンタイン限定のメキシコホワイトカカオダーク

今年も発売された明治ザチョコレートのバレンタイン限定商品。

2018年は次の3種類!

  • メキシコホワイトカカオダーク
  • メキシコホワイトカカミルク
  • エクアドルダーク

明治ザチョコレートのファンとしては全部購入したい!

ところがメキシコホワイトカカミルクは東京のサロン・デュ・ショコラ限定品。名古屋からは距離があるし、移動にかかる交通費でたくさんのチョコレートを買えてしまうので断念。

今回はメキシコホワイトカカオダークを購入してみました。

パッケージの写真から食べてみた感想までお届けします!

特別仕様のパッケージ

通常の明治ザチョコレートは紙のパッケージ。

しかしバレンタイン限定の商品は缶ケースを使用しています。

いつもと違うので特別感があっていいですね!

ロゴマークが描かれている紙。
おそらく通常のパッケージと同じ材質を使用しているのではないかと。

厚みがあり簡単には破れないので遊び方はいろいろ。ロゴマークを切り取って栞にしてもいいし、ペンで絵を描くのもあり。

ホワイトカラーを活かしたアート作品にチャレンジしたくなります。

ホワイトカカオを使用したダークチョコレート

ケースの中には3つのチョコ。
1個あたり500円する高価なもの。

“メキシコホワイトカカオダーク”

文字だけ見ると、

「ホワイトチョコなの? ダークチョコなの?」

そんな疑問が聞こえてきそうですが、こちらはホワイトカカオを使用したダークチョコレート。

ホワイトカカオは世界的に収穫量が少なく、”幻のカカオ” といわれるほど希少価値があるんだとか。

形はいつもの明治ザチョコレート。

若干緊張しつつ食べてみると、ダークチョコレートなのにマイルド

もっとガツンと苦みが襲ってくるのかと思いきや、全然そんなことはなく。

カカオの香りはあるけどしつこくない。
食べ終わっても口の中に苦みが残らない。
ダークチョコを食べた後に水を飲みたくなるような、あの感覚がない。

非情に食べやすくて驚いています。

ビターなチョコレートが好きなので個人的には大当たり。

口の中で噛み砕いてから鼻呼吸をするともう最高。味覚と嗅覚でフルに楽しめる…!

明治ザチョコレートが好きならご賞味あれ

カカオの香りと旨み楽しむ明治ザチョコレート。

メキシコホワイトカカオダークは正統派にして最高傑作。

そう言っても過言ではないのかもしれません。

スポンサーリンク

\ みんなにシェアする /


\ フォローする /

スポンサーリンク
スポンサーリンク