オードリー(AUDREY)の「苺×チョコ」が最高の組み合わせで幸せ

僕にとってバレンタインイベントは出会いの場。

新しいスイーツや今まで知らなかったブランドと巡り会える絶好の機会だからです。

先日訪れたアムール・デュ・ショコラ2018では「オードリー(AUDREY)」とマッチング。

デザイン性のある箱や可愛らしいチョコレートを目にした結果、一目惚れしてしまったわけですね。

今回はそのオードリー(AUDREY)についてご紹介。

チョコが好きで、まだ知らない方は要チェックですよ〜!

スポンサーリンク

オードリー(AUDREY)は苺スイーツ専門店

オードリー(AUDREY)は苺のスイーツを専門としたお店。

チョコレート専門店というわけではないようです。

日本では東京・日本橋と横浜に店舗をオープン。

次があるとしたらどこでしょうね。
名古屋に来てくれないかな〜?

デザインに惹かれる

紙袋、
商品を包む箱、
手提げ袋など全てが可愛い。

このデザインのグッズがあったら迷うことなく買いたい。それくらい素敵だと思ってる。

瓶になってもオシャレ。
これは捨てられないわ。
食べ終わったら部屋に飾っておきたい。

なにかの収納にもなりそうですよね。

プレゼントする際、
包装紙や特別なラッピングは不要。

オードリー(AUDREY)の商品ならこのままの状態で渡してもいいのでは?

甘酸っぱいイチゴとチョコ

オードリーホワイト

出会ってしまった苺とチョコ。
なんかもうめちゃくちゃ可愛い。

オードリーホワイトという商品なのですが、初めて見たときチョコレートで作られた苺だと思っていたんです。

ところがびっくり!
ホワイトチョコレートにブッ刺さっているのは本物の苺!

口の中で噛んだ瞬間、水分とともに酸味が溢れてきました…!

甘いホワイトチョコといい感じのバランス感です。みずみずしくって、とっても美味しかったですよ!

チョコレートよりも苺の存在感の方が強めですが、そんなことはどうでもいいくらいお気に入り。バレンタインに苺食べたい。

ほかにも種類があったので後日改めて買ってきます!

ちなみに価格は4個入りで1,000円以下

消費期限は翌日と短めなので、そこだけご注意を!

オードリーショコラとストロベリーシャンパントリュフ

ボンボンショコラは滑らかな口どけ。

トリュフチョコは苺の香りと酸味が加わりフレッシュな味わい。

こうやって、いろんなものをちょっとずつ食べられるのっていいですよね。

こちらの商品は整理券がないと買えない限定品だったので、朝から並んだ甲斐がありました。早起きはツライけど、オードリーのチョコのためなら身体が動いてくれる気がしています。

グレイシア

グレイシアとはブーケのような形をした焼き菓子のこと。

まるで苺の花束みたいですね!

もはやチョコレートではないのですが、可愛いから全く問題ありません。購入できる機会が限られている方はお見逃しなく〜!

購入するなら実店舗、またはバレンタインイベントへ

以上、苺スイーツ専門店であるオードリー(AUDREY)についてご紹介しました。

まだ食べたことがないという方はバレンタインの催事を機に購入してみてはいかが?

ネットでは販売していないようなので、実店舗、または最寄りのバレンタインイベントへ足を運んでみてください〜。

スポンサーリンク

\ みんなにシェアする /


\ フォローする /

スポンサーリンク
スポンサーリンク