明治ザ・チョコレートに緑とピンクの新味登場! 早速食べてみた

meiji-the-chocolate-22

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2016年12月13日、明治ザ・チョコレートに新味が登場しました!

明治ザ・チョコレートといえば、おしゃれなパッケージ。チョコの香りが良く、形にもこだわりぬいた奥深いチョコレート。上質だけど全国のコンビニで買える手頃な商品です。虜になった人も多いのではないでしょうか。

今回、赤、青、紫、オレンジのパッケージに加え、新たにピンクが追加されました! さっそくコンビニで購入し食べてみたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

緑とピンクの明治ザチョコレート

※パッケージ裏の紹介文を引用しています

Framboise(フランボワーズ)

meiji-the-chocolate-20

鮮烈な香り

カカオとフランボワーズのふたつの酸味が織りなす、とても華やかな一枚です。

カカオ:44%

Gianduia(ジャンドゥーヤ)

meiji-the-chocolate-21

魅惑の旨味

ヘーゼルナッツの香ばしさ、カカオのスパイシーさを力強く感じます。

カカオ:51%

開封してみたよ

meiji-the-chocolate-23

今回もおしゃれなパッケージですね!
(ジャンドゥーヤ(左側)のパッケージ裏の模様が、いま話題の温泉マークに見えたのはここだけの秘密)

meiji-the-chocolate-24

並べてみました。
パッケージもおしゃれだけど、個包装のデザインも相変わらず素敵。ひとつひとつ違うとか、こだわり強くて最高かよ。

meiji-the-chocolate-25

まずはピンクのフランボワーズを開封。今までのものと変わらない形です。部分ごとに味の印象が変わるので、割って食べてみることに。

その味は、苦みと甘みのちょうどいいバランス感。非常に食べやすいです。口の中に入れてから遅れてやってくる酸味が特徴的でした。スッキリする酸味のおかげが、後味のいいチョコレートです。美味しくて、あっというまに3枚を食べてしまいました。

続いて、緑のジャンドゥーヤを食べてみようと開封すると・・・

形が違う。三層構造のチョコレート

開けてビックリ!
驚くことに今までの形と違っていたんです。その中身がこちら!

meiji-the-chocolate-26

割る境目がどこにもない!

meiji-the-chocolate-27

横から見るとこんな感じ。
中央の色が異なっており、三層構造になっていることが分かります。公式サイトによると、ヘーゼルナッツチョコを挟み込んでいるとのこと。

食べてみると、ナッツの香ばしさがやばい。固形のナッツなんてどこにもないのに、まるで一緒に食べているような感覚。個人的にアーモンドチョコやマカダミアチョコが大好きなので、この味は感動もの! そしてカカオによる香りの良さも健在なので、明治ザチョコレートを食べている感じは、しっかりとする。

これからコンビニでもう1個、いや、1ケース買ってもいいかもしれない。これはハマる!

まだ1枚しか食べていないけど、割らずに食べるとあっという間になくなってしまいそう。残りの2枚は少しずつ、リスのような食べ方で味わいたいと思います。

おわりに

新しく追加された緑のジャンドゥーヤとピンクのフランボワーズ。どちらも美味しかった! まあまあ高いけど、食べてみる価値はあると思います!

※おまけ
以前、明治ザチョコレートのパッケージは栞として使えるよ、という記事を書いたので、今回も実践してみました。

meiji-the-chocolate-28

素敵やん。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告