日本科学未来館「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が2017年春に開催決定!

da2017-news

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2017年4月8日から、日本科学未来館にて「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が開催決定!

ミッキーマウスの誕生作となった「蒸気船ウィリー」からはじまり、「アナと雪の女王」「ズートピア」などの近年に公開された作品の原画、スケッチ、コンセプトアートなどを約450点を展示。ほとんどの作品が日本初公開とのこと。

すでに公開されている公式サイトでは、4つの絵を見ることができます。個人的には、3DCGのイメージしかなかった「アナと雪の女王」のイラストが新鮮でした。アナとエルサのほか、ミッキー、アリス、アリエルの姿を見たいという方は、ぜひ公式サイトへ!

ディズニー・アート展のコンセプトは「いのちが吹き込まれた瞬間」。イラストでは動くこともなく喋りもしないキャラクター。そのキャラクターが動き出すところを垣間見れるとのことで、今から楽しみです。

また、日本科学未来館の企画展示ゾーンは天井がやたらと高いので、大きくて迫力のあるオブジェクトが展示されるといいなあと個人的に思ってます

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

最新作「モアナと伝説の海」の展示も

2017年3月10日に公開予定のディズニー最新作「モアナと伝説の海」。その展示もあるとのこと。映画公開から約1か月後に開催する企画展ということなので、先に映画を見ておくと、より楽しめそうですね!

チケット情報

公式サイトによると、12月8日より最速割チケットが販売開始。詳細はいまだ不明ですが、忘れずにチェックしておきたいところ。判明次第、追記したいと思います。

日本科学未来館「ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法」が2017年春に開催決定!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク