【買取】BUY王で本を売る! 失敗体験から学ぶ気をつけるべきこと

buyking

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

溜まりに溜まった本を売ると決めたので、BUY王(バイキング)という買取サービスを利用ししました。

実際に使ってみると、高く売れた本もあれば、あの時ああしておけばよかったと後悔しているところもあります。僕が冒した失敗は事前に知っておけば防げたことなので、BUY王を利用してみようとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

サービス内容の特徴や買取の流れから順に紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

BUY王の特徴


  • ジャンルを問わず20点以上で送料無料
  • 15時までの申し込みで当日集荷
  • 業界最速レベルのスピード査定
  • 一点一点の明細を提示

このほかにも特徴的なところがあったので、詳しく紹介します。

初めての方限定でキャンペーンがある

BUY王では、次の3つの応募条件を満たしていると、買取金額がアップする特典が得られます。

  • はじめて利用する方
  • メールニュースの配信を「可」にして応募された方
  • 商品点数20点以上の方

特典は次の3つ。

  • はじめて買取をご利用の方に1,000円UP!
  • 買取金額3,000円以上の方に1,000円UP!
  • 買取金額1,000円以上のフィギュア・アイドルグッズ・デジタル家電を送った方に1,000円UP!

本だけを売るのであれば、上2つが狙い目。もし高く売れそうなフィギュアやアイドルグッズがあれば、一緒に売るとさらにお得です。

一部の書籍は高額買取

コミック等の一部書籍を除きますが、発売から時間が経過していないものは高価買取が保証されています。。

3か月以内であれば35%!
1か月以内であれば40%!

後ほど査定結果をお見せしますが、条件を満たしているものは実際高く売れました

買取までの流れ

buyking-0

今回は、35冊の本を売ります!
送料を無料にしたかったので20冊以上売るのは必須!

ステップ1. ウェブから買取依頼の申し込み

buyking-4

公式サイト右上にある買取依頼を押して、フォームへ移動。名前や振込先等の必要事項を入力します。

buyking-3

PCから見ると左側にヤフーやFacebookのアカウントを利用して自動入力できますが、無視して大丈夫です。(スクロールしてついてくるのが個人的に煩わしかった。。)

ステップ2. ダンボール箱に梱包し、集荷が来るのを待つ

ダンボール箱は自分で用意する必要があったので、家にあったAmazonのダンボール箱を再利用しました。

buyking-2

緩衝材が無かったので、そのまま突っ込みました。中央付近に隙間ができてしまいましたが、まぁいいでしょう。

buyking-1

現在(2016年10月)、石原さとみ主演で放送中のドラマ「地味にスゴイ」の原作である「校閲ガール」も売りに出してみます。校閲ガールはすでに文庫化しているので、単行本といえど高値は期待できないかな?

本を詰め込み、身分証明書のコピーを入れたら梱包。これで準備完了です。あとは申し込み時に指定した時間に集荷が来るのを待つだけ!

ステップ3. 査定完了から入金

業者の方にダンボール箱を渡したら、査定結果を待つのみとなります。

僕の場合は木曜日の午前中に渡し、土曜日の15時に査定結果のお知らせメールがきました。承認する場合はメールにて返信。後日、銀行に振り込まれているはずです。(スピード買取希望の方は査定後すぐの振込)

気になる査定結果を公開!

buyking-5

・・・・・

18点? 送料? 減算?

?????

なぜ、買取点数が18点なのか

僕は35冊の本を送ったはず。それなのにも関わらず、なぜ18に減っているのか。そこには思わぬ落とし穴がありました。

なんと、発売から3か月以上経過した文庫本は原則買取対象外とのこと。一応、1点1円で買い取っていただけるようなのですが、売りに出した文庫本17冊は17円という査定結果に…。

しかも、点数に数えられないという…
そのため、20点以上で送料無料になるはずが、18点だったので有料に…。結果1,000円かかってしまうハメになりました。

狙っていた初めての方限定のキャンペーンも逃してしまいました…

減算価格とはなんなのか

減算価格として引かれていた441円
振込手数料の400円がここに含まれていました。

残る41円はなんなのかというと、ページ折れによる減額とのこと。これは完全に僕のせいですね。むしろ41円で済んで良かった。。

高額買取は本当だった

僕の確認ミスなどで残念なところが際立ってしまいましたが、発売日が近い本の買取額は、確かに高かったです

buyking-7

発売から1か月が過ぎた朝井リョウさんの「何様」。元々は1728円ですが、44%の777円で買い取っていただけました。

buyking-6

こちらは発売から3か月が経とうとしている「コンビニ人間」。定価の約40%である561円という買取価格。

buyking-8

先ほど紹介した、ドラマの原作本「校閲ガール」。話題になっているとはいえ、発売から2年半以上経過しているのであまり期待はしてなかったのですが、50%以上の価格で買い取ってもらえました。正直言って驚きです。

ただし、単行本であっても他の本では25円とかありました。笑

BUY王ではネットで買取価格を調べることができるので、あらかじめ調査した上で売りに出すほうが賢明でしょう。

気をつけること まとめ

以上の僕の失敗体験を踏まえ、気をつけておくことはこちら!

本を売るなら、発売から3か月以内の文庫本 or 単行本の合計が20冊になるようにすること。

これさえ守れば、初めての方はキャンペーンの対象になり、送料を取られることもありません。得られるお金が2,000円も違ってくるので、僕みたいな失敗はしないようにくれぐれも気をつけください!

集荷から査定までスピーディーだったので、急いで売りたいという方にもおすすめです!

⇒BUY王で本を売る

【買取】BUY王で本を売る! 失敗体験から学ぶ気をつけるべきこと
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク