青く美しいチョコレート「ケルノン ダルドワーズ」を食べてみた

12月中旬、フェリシモで購入したチョコレートが届きました。タイミング的にはちょっと早いクリスマスプレゼントですね。

水色の可愛らしいパッケージの中にあるのは青いチョコレート「ケルノン ダルドワーズ」。

初めてネットで写真を見たときは衝撃はいまでも覚えています。

「美味しそう、食べてみたい」

という想いより「美しい」という感情が先に来てしまったので。

チョコが好きでブルーラバーの僕にとって是非とも手に入れたい一品。販売前に予約すれば年内に食べられるということで8月下旬に注文しました。

まだかなまだかなと待ち続けた結果12月中旬に到着。今僕の目の前にあり、チョコレートの欠片を食べて幸せを感じているところです。

この記事ではフェリシモで購入した青いチョコレート「ケルノン ダルドワーズ」についてご紹介。パッケージの中身や味が気になる方は続きをご覧ください!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

青く美しいチョコレート

さっそく開封!
丈夫な缶に入っているので食べ終わったあとにも使えそう。匂いが気になり鼻を近づけてみると、どこかで嗅いだことのある香り。

いつだったかなーと記憶を遡ると思い当たるのは2月。まるでバレンタインシーズンに手に入る高級チョコレートのような、独特な香りがしました。特別良い香りというわけではないのですが、蓋を開けては何度も嗅いでしまいますね。

缶の中身は6つのチョコレート。
実物は青色よりも水色に近い色合いです。

惚れ惚れするほど美しい。
角は丸くなっていてどこか可愛らしい一面も兼ね備えています。

ケルノン ダルドワーズは食べるよりも飾っておきたいと思えるような、そんなチョコレート。(後でちゃんと食べるけど)

ケルノンダルドワーズを食べてみた!

表面を覆う青い部分はホワイトチョコ。
中身はアーモンドとヘーゼルナッツを餡がけしたもの。(“ヌガティン”と呼ばれるsそうです)

口の中に入れてもすぐには無くならず、ザクザクとした食感を楽しめました。チョコっぽい感じは控えめですが、中身のヌガティンにカラメルが凝縮されているので甘くて美味しかったですよ~。

ひとつ食べただけでは物足りないというか、もっと食べたい欲求が出てくるのでクセになるのも分かる気がする。これはぜひともリピートしたいチョコレート!

サイズと価格について

見た目が好みで味も美味しかったケルノン ダルドワーズ。唯一の不満点はサイズかな…。ビスケットくらいの大きさを想定していたのでスモールサイズにびっくり。小さくて持ち運びがしやすいのはメリットだけど、欲を言えばもっと食べたかった…!

24個~26個入の商品があるので次からはそっちを注文しよっと。

ちなみに今回購入した6個入りのケルノン ダルドワーズは税抜き1,500円。百貨店で販売しているバレンタインチョコレートの相場を考えれば安いほうだと思います。

安く買うならフェリシモがおすすめ

ケルノン ダルドワーズを販売しているのはフェリシモのオンラインショップ。もしくはAmazonや楽天といった通販サイトで購入できるのですが、値段には十分お気をつけください。販売しているところによって結構値段が変わってきますので。

個人的には種類豊富で安く買えるフェリシモがおすすめです。今回ご紹介したものの他にハート型の青いチョコレートもありますよ!

フェリシモ オンラインショップへ

ただしタイミングによっては発送に時間がかかるかもしれません。どうしても早く手に入れたいという方はAmazonや楽天での購入を検討してみてはいかがでしょうか。

青いチョコレートって物珍しいと思うので、自分用だけではなくプレゼントにもおすすめです!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告