狼と豚の立場逆転! 3びきのかわいいオオカミのストーリーが斬新!

three-cute-wolves

冨山房から発売した「3びきのかわいいオオカミ」という絵本。1994年に発売し、20年以上が経過した作品です。

「三匹の子豚」のパロディとして一時期ツイッターで話題になっており、読みたいなーと思いつつ買えていませんでした。

ところが先日、東京にて行われた「神保町ブックフェスティバル」で半額セールを実施していたんです。これは買うしかない!ということで購入。

読んでみたところ、噂通り斬新なストーリーで楽しめたので、「3びきのかわいいオオカミ」について紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

あらすじ

three-cute-wolves-2

あるところに、3匹のかわいいオオカミがいました。オオカミたちは、お母さんオオカミと一緒に暮らしていました。

ある日、お母さんオオカミは言いました。

「おまえたち、そろそろ広い世界に出ておいき。お母さんの家を出て、自分たちのお家を作りなさい」

そしてこう付け加えました。

「でも、悪い大豚には気をつけるのよ」

3匹のオオカミは、

「心配しないで、母さん。僕たち豚には気をつけるから」

と言い、広い世界へと出て行きました。

家を建てるオオカミと壊すブタ

three-cute-wolves-3

「三匹の子豚」ではブタが家を建て、オオカミが壊していました。しかし本作では立場が逆転オオカミが家を建て、ブタが壊す側になっています。

また、本作には藁の家と木の枝で作られた家が登場しません。オオカミたちは、はじめからレンガで家を作り出します。

ただまあ、
ブタの手によって壊されるんですけどね。

……ハンマーで。

今回のブタは強い。
「三匹の子豚」でオオカミが壊せなかったレンガの家をぶち壊しました。

次にオオカミたちが作ったのはコンクリートの家。レンガの家よりも頑丈になりましたが……またもやブタの毒牙にかかり壊されてしまいます。

……電気ドリルで。

次はもっと頑丈なものを。
電気ドリルを使われても壊されない家を建てよう。

そういうわけで、鉄条網、鉄骨、鉄板、南京錠、丈夫なガラスや鋼の鎖を使って家を建てました。もはや家というより要塞みたいな外観です。

「三匹の子豚」では壊されなかったレンガの家に相当する3つ目の家。読者的にも「次は大丈夫だろう」と予想していたのですが……裏切られました。難攻不落と思いきや、見事に破壊されてしまったんです。

……○○○○○○で。

こんなの勝てっこない…。

「○○○○○○を使うなんて…この鬼畜豚野郎!!

でも、やりすぎ感のある壊れっぷりが清々しくもあるから不思議。心の中で「いいぞ、もっとやれ!」とブタに期待している自分もいました。

次に建てた家は壊れなかった

three-cute-wolves-1

3つ目の家が壊されて、どんな結末を迎えるのだろうかとハラハラ。読み進めていくと、オオカミたちは懲りずにまた新しく家を建てました。

「次はどんなふうに壊されるんだろう?」

○○○○○○を超える破壊方法なんてあるのか。期待を込めてページを捲ると、驚くことに壊れない結末が待っていたんです。

そしてそして、ラストは全てが丸く収まるハッピーエンドを迎えていました。

ぜひ絵本でお楽しみください

three-cute-wolves-4

・ブタは鉄骨や鉄板を使った家をどのように壊したのか

・最後に建てた家は、なにで作られたのか

・どのような過程でハッピーエンドに至ったのか

ここではあえて紹介しなかった内容については、実際に読んでお確かめください。子どもはもちろん、大人も楽しめる内容になっていると思います。

また、絵本なのでイラストにも注目。黒と灰と白のかわいいオオカミや、悪巧みをするブタの姿は必見! 細かいところまで書き込まれているので、絵を眺めているだけでも癒されると思いますよ!

ちなみに、Amazonで調べたところKindleでは売られていませんでした。なので、ぜひ絵本でお楽しみいただければと思います!

狼と豚の立場逆転! 3びきのかわいいオオカミのストーリーが斬新!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク