【秘密文庫 #1】フォトジェニックな本

本のタイトルは秘密。
このページを開くまでは。

第1回目となる秘密文庫ではフォトジェニックな本をご紹介します。

2017年「ユーキャン新語・流行語大賞」に輝いた “インスタ映え” という言葉。

観光地はインスタ映えするスポットを推し、飲食店では続々と新メニューが登場。
イベントによってはフォトスポットを設置するところも。

被写体に共通していることは、
フォトジェニックかどうかだと思うんです。

本の世界とは無縁……
かと思いきやあるんですよ。

見た目のインパクトが強い、
フォトジェニックな本が。

それがこちらの360°BOOKです。

360°BOOK 白雪姫

正方形の本。
1冊の本にしては珍しく箱の中に収納されています。

この本の最大の特徴はタイトルの通り。

本を開くと360°展開すること

童話「白雪姫」の世界観を本によって演出。

文字は一切ないため読書はできませんが、
見て飾って楽しめる1冊です。

もちろん写真を撮るのも楽しみのひとつ。
奥行きがあるおかげで良い感じにボケるんですよね。

白雪姫のほかにも

など続々と新刊をリリース。
次はどんな世界観を作り上げてくれるのか、密かな楽しみになっていたり。

本屋さんによっては親切なことに展示しているところもありますよ。

もし見かけた際は手に取って触れてみてはいかがでしょう。

いずれ誰かに贈るプレゼント候補になるかもしれません。

昔からあるフォトジェニックな本

フォトジェニックな本と聞いて何を思い浮かべましたか?

実はもう1冊、というより “もう1種類” と言った方が正しいのかな。候補がありました。

きっと思い浮かべた人もいるはず。

それは飛び出す絵本です。

ページを捲ると立体になる仕組みは独創的で好奇心をくすぐりますよね。そして何よりフォトジェニック。

背景を整えてローアングルから撮影したら魅力的な写真ができそうじゃないですか?

手元に飛び出す絵本がある方は試しに撮ってみてはいかがでしょう。個人的にぜひ見てみたいです。

おわりに

僕にとって飛び出す絵本といえば不思議の国のアリス。終盤のトランプが舞い散るシーンが印象的でした。大人になった今でも覚えているものってありますよね。みなさんの中で印象に残っている飛び出す絵本はありますか?