三葉や瀧の世界感をより深く!「君の名は。」の関連作品まとめ

kiminonaha-relation

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2016年8月26日に公開する映画「君の名は。

映画だけではなく小説、コミックといった媒体で展開している作品でもあります。

僕は小説を読んだだけなのですが、キャラクターやストーリー展開に魅了されどっぷりハマってしまいました。

ただ、素晴らしい作品だっただけに、各キャラクターについて物足りないところも…。三葉や瀧の家族の話といった、もっと知りたい箇所も少なくありません。

僕と同じように小説や映画で楽しんだけど、もっと深掘りしたいという方も多いのではないでしょうか。そんな方のために、関連する作品をまとめました。今のところ6冊の本があったので紹介します。

※商品が判明次第、随時更新予定

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コミック版

8月23日発売。
琴音らんまるさんによるコミック。

イケメンな瀧に綺麗な三葉。個人的にはアニメの絵よりも表紙の2人が好き。

公式ビジュアルガイド

新海誠さんやキャストのインタビュー、さらには製作の裏側も紹介している。

キャラ設定背景画もあるとのことで、映画を見た人には必見の内容!

小説版

新海誠さんによる、本家小説。

映画では詳しく描かれないであろう細かい心理描写や、あとがき、解説があるので映画を観た人にも読んでほしい一冊。

小説版(挿絵あり)

角川つばさ文庫版。
角川文庫と同じで著者は新海誠さん。

こちらの小説には挿絵があり、漢字にはフリガナがふってある。角川つばさ文庫は子ども向けのレーベルなので、小中学生向き。

サイドストーリー

著者は加納新太さん。

サブキャラクターに焦点を当てたもの。表紙を見ると、三葉のお父さん妹の四葉と思わしき人物の姿が。まさに僕が気になっている内容なので、近々読んでみようと思う。

Side:Earthboundとあるので、これからも増えそうな感じがする。

新海誠Walker

観光雑誌でお馴染みのWalkerシリーズに、新海誠Verが登場!

以下のページで詳しく解説しています。

>>ついにきた! 新海誠Walkerシリーズの仲間入り!

おわりに

以上、関連作品でした。
これらを読んで「君の名は。」をより深く楽しみたいですね!

>>本編(小説版)の感想はこちら

三葉や瀧の世界感をより深く!「君の名は。」の関連作品まとめ
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク