インスタグラムのアナリティクスで参照できる数値について

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

ここ最近、インスタグラムにハマってます。育成ゲーム感覚でアカウントを成長させたり、他ユーザーとの交流をしたり。いいねやコメントが貰えるのは嬉しいし、タイムラインを見ているだけでも楽しい。この熱はまだまだ冷めそうにありません。

個人用のアカウントとは別に、本の紹介に特化したアカウントもあります。

このまえはそちらをビジネスアカウントに変更しました。FacebookのアカウントとFacebookページがあれば無料でできましたよ。

そしてビジネスアカウントにしてから時が過ぎ、インスタグラム専用のアナリティクスを見ることができるようになりました。せっかくなので、この記事ではアナリティクスで参照できるデータについて紹介したいと思います。

※ビジネスアカウントにする方法は詳しく書いてないので知りたい方はググってください

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

各投稿のインサイト

  • いいね
  • コメント
  • 保存済み
  • インプレッション
  • リーチ
  • エンゲージメント

上記項目の数値を可視化。想像以上にインプレッション数(投稿が表示された回数)があって驚きでした。

これらの情報はビジネスアカウントにする以前の投稿には対応していません。過去のデータは見られないのです。

今週のインサイト

今週のデータについて、それぞれ先週と比較して数値を表示してくれます。

インプレッション数

リーチ数

プロフィールを見た回数

この回数が増えればフォロワー増加につながりそう。

メール送信のクリック数

ビジネスアカウントにすることで設定できるメールアドレス。プロフィール画面に表示されているアイコンをタップした回数のことでしょう。

未確認の項目

プロフィール項目ではメールアドレスのほか、電話番号URLを設定することができます。確認はできていませんが、もしかするとそれらのクリック数もカウントしているかもしれません。

(今のところ設定する予定はないので誰か試して。。)

人気投稿

こちらは投稿を一覧として表示したもの。反響が大きかったものを後から振り返ることができます。

過去30日間に投稿されたすべてをインプレッション別に表示していますが、この項目は変更可能。

投稿の種類は、

  • すべて
  • 写真
  • 動画
  • カルーセル投稿

数値は、

  • インプレッション
  • リーチ
  • アクション数
  • いいね!
  • コメント
  • 保存

期間は、

  • 7日間
  • 30日間
  • 3か月間
  • 6か月間
  • 1年間
  • 2年間

一度設定した項目は保存されるので、頻繁にチェックするものをフィルターとして登録しておくといいでしょう。

消えるストーリーも確認可能

通常24時間で消えてしまうストーリー投稿ですが、アナリティクス画面で過去の投稿を振り返ることができます。

また、人気投稿と同様にフィルターを設定できます。インプレッション、リーチのほか「ストーリーからの移動」「返信」という項目を確認しました。

遡ることができる期間は最長14日間と短め。

フォロワーの詳細

インスタグラムのアナリティクスでは、フォロワーの情報を詳しく見ることができます。実際に導入してみて最も価値があるのではないかと感じました。

フォロワーから得られる情報について順番に紹介していきたいと思います。

性別

当アカウントは女性フォロワーが多め。

このブログと同じような結果でしたね。なんとなく分かっていましたが。。

年齢層

Googleアナリティクスと全く同じな年齢層の区切り方。男性と女性で分けて見ることができます。

人気の場所

続いては場所について。狙ったつもりは全くないけど大阪が1位。次いで横浜という結果に。

5位が渋谷区だったので、東京は細かく分かれているのでしょう。全部合わせたら東京が1位なんじゃないかな。。

国別で見ることもできますが、当アカウントでは日本人ユーザーが圧倒的多数を占めていました。

アクティブな時間

フォロワーのアクティブな時間を曜日ごとに確認できます。

何時に投稿するのがベストなのか色々と意見はあると思いますが、アカウントごとに最適な時間があるのかもしれませんね。この情報を知ってからはかなり時間を意識して投稿するようにしています。

ちなみに、各曜日の情報はビジネスアカウントにしてから8日後に見られるようになりました。ちょっと焦れったかった。

広告

ここではアクティブな広告が表示されます。

過去のものを見たい場合は右上にある「もっと見る」から確認可能。

一度お金を払って広告を出してみたので、また機会があれば紹介します。機会があれば…。

アナリティクスを導入してみて思ったこと

もっと早くやっておけばよかった

この一言に尽きます。過去のデータを参照できないのは本当に残念。成長してきたアカウントの軌跡を振り返りたかったんだけどなぁ。

今度新たにテーマを絞ったアカウントを作ろうと思っているので、次は最初から導入したいと思います。まずは連携するために新しくFacebookページ作ろっと!

検証したアカウントはこちら@bookarium

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
インスタグラムのアナリティクスで参照できる数値について
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!