神秘的な「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」

2017年のアート始めはこれ!

吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線

1月13日からの開催ということで、早速行ってきました!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

銀座にある資生堂ギャラリーへ

企画展の会場となるのは資生堂ギャラリーの地下1階。

敷居の高そうな銀座資生堂ビルにドキドキしながらも中へと入り、階段を使って会場へ。エレベーターでは行けないのでお気をつけください。

神秘的な白い空間

白い階段を降りると、

真っ白な空間。
部屋全体にスモークがかかっているようで、ぼやけて見える。

こちらは部屋の脇にあったベンチ。
異常なほどおしゃれでした。白く光ってるベンチなんて初めて見た。

上を見ると、天井も白かった。

この統一感に惚れ惚れする。

相変わらず彼はだったけど。

プリズムから放たれる虹の光線

部屋の奥の方に展示されている作品。光を放っているせいか、神々しくてなんだか強そう。すごくラスボス感のある存在…。

近づいてみると虹色の輝きを放っていました。時間とともに変化するのでしばらく見ていられます。本当は変化する様をお伝えしたかったのですが、動画撮影禁止のため断念。これは会場へ行き、その目で見るしかないですね。

写真撮影は可能なので、様々なアングルからプリズムを撮ってみました。

横から撮影。

一つ一つが意外と大きいんですよね。不思議なことに、遠くから眺めていた時の印象とは異なるんです。なにがどう異なるかはうまく言葉にできないんですが…感じるものはあるのかなと。

今度は真下から撮影。
天井の色や形がなかなか様になりました。神秘的な写真が撮れて満足です。

「さて、これで終わりかな?」

いやいやそんなことはありません。

その奥にあるものは・・・実際に見てのお楽しみということで!

おわりに

おそらく僕はこの作品のことをほとんど理解できていないですが、見応えはありました。シンプルな展示なので、見るのに時間はかからないかと思います。入場無料なので、銀座に寄った際はぜひともお立ち寄りください!

期間:1月13日 – 3月26日
住所:東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク
神秘的な「吉岡徳仁 スペクトル − プリズムから放たれる虹の光線」
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!