えんとつ町のプペル展で見た光るイラストが感動的に美しい!

poupelle-exhibition

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

にしのあきひろさんによる絵本「えんとつ町のプペル」の展覧会が2016年11月3日より開催。その名も「えんとつ町のプペル展」。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

えんとつ町のプペルとは

お笑い芸人キングコングの西野さんによる絵本です。

「みんなで作ろう」をコンセプトに、分業制やクラウドファンディングなどで注目を集めました。その制作期間は4年半にも及びます。

そんな絵本が2016年10月21日に満を持して発売。わずか数日で6万部を売り上げることとなりました。発売から2週間近く経っていますが、今尚amazonの絵本ランキングで上位にいる存在です。

そんな「えんとつ町のプペル」の展覧会が東京で開催しているということで行ってきました!

SEZON ART GALLERYにて開催

poupelle-exhibition-0

えんとつ町のプペル展を開催しているのは渋谷区にある「SEZON ART GALLERY」。最寄り駅である表参道駅、または外苑前駅から歩いて10分ほどの距離にあります。

poupelle-exhibition-1

入口では著者の「にしのあきひろ」さんがお出迎え。それでは中に入ってみましょう。

えんとつ町のプペル展へ

写真撮影OK!

poupelle-exhibition-2

展示会場の中は撮影可能。
撮った写真をSNSに投稿するのも大丈夫とのこと。

展示されているイラストは目を引くものばかりで注目されること間違いなし! バンバン撮ってSNSに投稿しよう!

41枚のイラストを展示

poupelle-exhibition-3

展示されていたのは41枚のイラスト。
絵本を読んだ人であれば、お気づきでしょうか?

そう、全ページが展示されているんです。

美しすぎるLED作品

poupelle-exhibition-4

poupelle-exhibition-5

それぞれの展示作品は、イラストの中からLEDの光があてられており、ライトアップする仕掛けが施されています。

そのおかげか凄まじいほど発色が良い。初見では、デジタルモニタに映しているのかな?と思うほど綺麗でした。正面から見ると奥行きがあるかのような錯覚を感じ、立体感もすごかった。LED作品ってすごい。

絵本で見るのとはまた違った楽しさと感動があるのではないかと思います。

poupelle-exhibition-6

さらに驚くことに、どの角度から見ても綺麗。地味にすごい…!

絵本の販売もあるよ

poupelle-exhibition-7

まだ読んだことがないけど、展示をきっかけに読みたくなったという方は、地下1階にてお買い求め頂けます。そこでは設定資料なども飾られているので、絵本を買うつもりがなくても覗いてみるといいでしょう。

おわりに

もっと多くのイラストをカメラで撮影したのですが、紹介しすぎると行く楽しみが半減するので、これくらいにしておきますね。

土曜日の昼間に訪れた時は、それほど混雑しておらず、ゆったりとイラストを堪能することができました。無料で入場できるので、気になった方はぜひ足を運んでみてください。

今後、全国で開催される可能性があるので、遠方の方は楽しみにお待ちください。

会場:SEZON ART GALLERY
開催期間:2016年11月3日~11月30日
住所:東京都渋谷区神宮前3丁目6-7

えんとつ町のプペル展で見た光るイラストが感動的に美しい!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク