特集はスヌーピー!関係者や作家が語る「ピーナッツ」の魅力![MOE・2016/8]

MOE_2016-8

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

絵本とキャラクターを扱う雑誌、MOE(モエ)

8月号の特集はスヌーピー
2016年4月にオープンしたスヌーピーミュージアムを徹底ガイド。関係者や作家が語る「ピーナッツ」の魅力。それぞれ巻頭で特集されていました。

スヌーピーミュージアムに行く前に読んでおくと、より一層楽しめること間違いなし! 少しだけ中身を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

スヌーピーミュージアムの裏側を知れちゃう!

まずはスヌーピーミュージアムについて。

館内マップからはじまり、展示内容をチラ見せ。グッズが売られている「BROWN’S STORE」や「Cafe Blanket」を紹介。

続いては「ピーナッツ」の作者・チャールズ・M・シュルツさんの伴侶であるジーン・シュルツさんへのインタビュー。オープン記念展「愛しのピーナッツ。」への思いを語っている。夫婦間のエピソード話が印象的。読んだ後では違った角度で作品を見ることができそう。

他には、イラストレーターである福田利之さんが実際に行ってきたレポート。関係者3人(ペイジ・ブラドックさん、祖父江慎さん、チップ・キッドさん)のインタビューがある。

ペイジ・ブラドックさん
⇒「ピーナッツ」絵本のイラストや記念切手のデザインを担当。
祖父江慎さん
⇒スヌーピーミュージアムのアートディレクターを務める。
チップ・キッドさん
⇒「スヌーピーとチャールズ・M・シュルツの芸術 必要なものだけを」の著者

個人的に気になったのは、制服ができるまでの話。実際にスタッフさんの制服を見たとき「シックで可愛い」と思ったので、デザインや生地など、見ているだけでは分からないような内容があり面白かった。

「ピーナッツ」が大好きな人たち

続いては著名人が語る「ピーナッツ」の魅力。以下の方々が思い出と共に紹介している。

  • 酒井景都
  • 彦坂木版工房
  • 甲斐みのり
  • 片桐仁
  • 新谷麻佐子

読んでみると「ピーナッツ」を好きな気持ちが強く伝わってきた。好きな人は共感できるかも!

おわりに

スヌーピーを特集したMOE(モエ)8月号。スヌーピーミュージアムへ行く予定の方は、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

もちろん行ったあとに読んでも楽しめることでしょう。思い出に浸かれるし、もしかしたら新たな発見があるかもしれません。そしてまた行きたくなるんですよね。笑

ネットでバックナンバーを買えるので、気になる方はどうぞ!


▼スヌーピーミュージアムへ行ってきた感想はこちら!

▼スヌーピーミュージアムのグッズ情報

特集はスヌーピー!関係者や作家が語る「ピーナッツ」の魅力![MOE・2016/8]
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク