【感想】異類婚姻譚を読んだけど、正直言ってよく分からなかった

異類婚姻譚

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

本谷有希子さんの異類婚姻譚を読みました。
第154回 芥川賞を受賞した作品なだけに期待が高まる。

本の構成は、異類婚姻譚を含む4つの話を収録。

  • 異類婚姻譚
  • 犬たち
  • トモ子のバウムクーヘン
  • 藁の夫
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

異類婚姻譚の意味

そもそも、異類婚姻譚(いるいこんいんたん)とは、どういう意味なのか。wikipediaから引用すると、

人間と違った種類の存在と人間とが結婚する説話の総称。世界的に分布し、日本においても多く見られる説話類型である。

なお、神婚と異類(神以外)婚姻とに分離できるとする見方や、逆に異常誕生譚をも広く同類型としてとらえる考え方もある。

どうやら、人間が人間以外の存在と結婚した話のようです。

感想

読み終えて思ったことは・・・・・よく分からなかった

どんな内容かというと、淡々と夫婦生活を描いていた。妻(サンちゃん)の視点で語られていて、物分かりの悪い夫が目立つ。読んでいて、僕自身苛立つところが何箇所かあった。

妻の台詞で気になったものがこちら。

この生き物はめんどくさいと言うに違いない。いつの間に、私は人間以外のものと結婚してしまったのだろう。

この台詞は夫に対して思ったこと。嫌いになって、人間として見られなくなったのかな? 最初はそう思ったけれど、なんか違う気がする・・・。その後も夫婦として、それなりの関係が続いているようだったから。うーん、分からん…。

オチも謎。
夫は最後、山芍薬(白い花)になった。その言葉の通り、花になったのだ。妻のサンちゃんは可憐な姿に目を丸くしたけど、僕は話の展開に目を丸くした。いったい何が起きたのか・・・。比喩表現でもなさそうなんだよなぁ…。

異類婚姻譚の他、「犬たち」「トモ子のバウムクーヘン」「藁の夫」も同様。不思議な雰囲気のまま話が進み、いつの間にか終わり、謎が残る。頭の中はモヤモヤでいっぱい。

おわりに

ここまで、よく分からない内容だったと言い続けてきましたが、決してつまらなかったわけではありません

全体的に淡々としていたけど、いきなりビックリするようなセリフや表現が出てきたときは、間違いなく感情が動いたので。それに面白くなかったら、こうやってブログで感想を書いたり、紹介することもないですからね。

改めて感想を書いてみましたが、やっぱりよくわからなかったなと再認識。理解しがたい内容だっただけに、逆に印象に残った作品でした。

それでは、また。

【感想】異類婚姻譚を読んだけど、正直言ってよく分からなかった
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク