退職時のお菓子って必要? 経験から学んだおすすめのお菓子とは

DECOチョコ_ほんの気持ち

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

新卒から入社して3年間勤めた会社を退職することになり、先日ご挨拶をしてきました。

別に強制されているわけではないけど、長い期間一緒に仕事をしたり、お世話になったのでしておきたかったんです。

いつの間にか最終出社日を過ぎ、忍者のように消えられると寂しく悲しいですからね。
・・・ほんとに。

私にとって初めての退職のご挨拶。初めてのお菓子選び。最終的には「ほんの気持ちを」お渡ししましたが、お菓子選びで迷ったこともあったので備忘録を兼ねてその時のことを書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

退職の️お菓子って必要ですか?

そもそも、退職のご挨拶の際、お菓子を配る必要はあるのでしょうか。

まずここで悩みました。
本当にお菓子って必要?

言葉だけで十分ではないか。お菓子選びは大変そうでお金もかかる。でも、貰えると嬉しいよね。過去のことを思い返してみると、配る人もいれば、配らない人もいた。

つまり、人それぞれでいい。

・・・・・

だ け ど

配ってる人の方が、印象は良かったです。

辞めた後も、おそらく交流があることでしょう。Facebookで繋がっている人も大勢います。お菓子を配ることで印象が良くなるのであれば、やるに越したことはない。だから私も、挨拶と一緒にお菓子を配ることに決めました。

それにお菓子なら、わかりやすい形で感謝の気持ちを表現できるかなと思ったので。食べたら残らないのもいいですよね。

次はお菓子選び

お菓子を配ることは決まった。
次に考えるのは、どんなお菓子にするのか。

ネットで調べてみると、個包装されているものがおすすめとのこと。たしかに、個包装の場合は手が汚れる心配がなく、すぐに食べなくてもいい。持って帰れるというのは嬉しいですね。これはもう一人ずつお渡しする場合の必須条件なのではないでしょうか。

やめておいた方がいい例として、音が鳴るもの、食べにくいもの、匂いの強いものが挙げられていました。いずれも社内で食べることを想定すると周りに迷惑がかかる可能性があります。おせんべいのバリバリとした音や、匂いがきつい食べ物は人を不快にするおそれがあるので避けたいところ。

次はお値段。
人数は少なくないので、できることなら高価なものは避けたい。。一人あたり100円〜200円で見つかったらいいなーと。

・・・という感じで条件を設定しました。

「退職 お菓子 おすすめ」などのキーワードで検索。いくつか、まとめサイトを見たけど、なかなかいいのが見つからない。条件に当てはまるお菓子はあるけど、私の中で「これだ!」というものはなかった。直感が働かないといいますか…。

やっぱお菓子を渡すのやめようかな。。。

ちょっと諦め気味だったのですが、さらに調べてみると、DECOチョコというものを発見。

DECOチョコとは、オリジナルで用意した画像を一口チョコの包装にプリントしてくれるサービスのこと。

DECOチョコは個包装で68円(税込74円)自分でデザインもできるので物珍しさも生まれそう。まさに探していたもの! 私の直感も「これだよ!これ!」と訴えかけていました。

よし、買おう。

オンラインストアでは一個単位での注文が可能ですが、渋谷にDECOチョコStoreというリアル店舗があるので行ってきました。

渋谷 DECOチョコStore

DECOチョコSTORE

お店があるのは渋谷のスペイン坂。JR渋谷駅からは歩いて5分くらい。

中に入ってみると、出来合いのデザインで作られたチョコが数多く並べられていました。種類が多くて見てるだけでも楽しい。

どんなものがあるのかなーと店内を見ていると、すぐに使えそうなデザインを3つ発見。ここではオリジナルのデザインで作ることもできるけど、出来合いのデザインがすごく良かったので購入

渡す日の前日に手に入れば問題なかったので、支払いだけ済ませてお店を出ました。そして後日、無事に受け取りました。

ほんの気持ち と お世話になりました

DECOチョコ_箱詰め

こちらが購入した「ほんの気持ち」と「お世話になりました」。店内で見て一目惚れしたデザイン。

中身はチロルチョコのミルク味。配る前に食べたけど、普通においしかったです

DECOチョコ_ほんの気持ち1

「ほんの気持ち」の別バージョンも購入。

・・・滑ってないと信じたい。

配った時の反応

いよいよやってきた最終出社日。
当日になって、遊び心が過ぎたかなと尻込みしてしまう私。

そんなにお堅い職場ではなかったので、大丈夫だろう。。。順にご挨拶し、渡していきました。

・・・・・

一人一人に渡してみた感じ、それなりにウケは良かった印象です。

チョコを見せると、まず笑われます(いい意味で)。

その後、

「よく見つけてきたね!」
「どこで買ったの?」

などと会話が広がりました。よかったよかった。

ただし、チョコの話に移り、退職の話がどこかへ行ってしまうこともあったので、挨拶の締めとしてお渡しするのが良いでしょう。

退職の挨拶では、久しぶりに話す人もいてけっこう緊張しました。でも、お菓子があったおかげで場が和んだ気がします。買っておいてよかったです。

チョコは溶けるのでお気をつけください

DECOチョコは安く、オリジナリティのあるデザインでよかったのですが、ひとつだけ難点がありました。

それはチョコレートなので溶ける恐れがあることです。室内で配っていたのですが、後半は少し柔らかくなっていました。。

まだ4月だったのでマシだったのですが、夏にチョコレートを配る場合はお気をつけください。また、冬も暖房が効いているので油断なりません。溶けるととても残念です。貰う立場になって考えても嬉しくないですよね?

ということで、チョコレート菓子以外で良さそうなものがないか改めて探してみました。すると、いい感じの詰め合わせセットが見つかったんです。

おすすめの詰め合わせセット

アンリ・シャルパンティエで販売されている詰め合わせセット。中には12個の焼き菓子が入っています。これなら音も匂いも気にならないですね! 税込1,080円ということで、一人一つ渡す場合は100円以下で抑えることができるのも嬉しいポイント。

⇒プティ・ガトー・アソルティ 12コ入りの詳細を見る

24個入りもありました。
パッケージもお菓子もおしゃれな見た目なので、女子ウケも良さそうです。渡す人数にもよりますが、12個入りと24個入りを組み合わせて買えばコスパがいいんじゃないかと思いました。個人的におすすめです。

⇒プティ・ガトー・アソルティ 24コ入りの詳細を見る

32個入りのマドレーヌもありましたよ!
商品ページに写真があったのですが、めちゃくちゃ美味しそう! 自分用に1つだけ抜いておいてプレゼントしたい。笑

⇒フィナンシェ・マドレーヌ詰合せ 32コ入りの詳細を見る

以上、アンリ・シャルパンティエのおすすめ詰め合わせセットの紹介でした。先ほど紹介したものに比べて値は張りますが、退職なんてそうそうあることでもないので、ちょっとくらい高価でもいい気がします。まだ新しい退職の機会は訪れていないですが、アンリ・シャルパンティエの焼き菓子がとっても美味しそうだったので次は利用しよう!

アンリ・シャルパンティエ公式オンラインショップ



退職時のお菓子って必要? 経験から学んだおすすめのお菓子とは
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告
スポンサーリンク