春に聴きたいflumpoolの曲 まとめ

春に聴きたいflumpool曲まとめ

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

全国各地で桜の開花宣言があり、いよいよ春が来たって感じがしてきましたね。

そんな時にflumpoolの最新アルバム「EGG」を買い、僕の中でflumpool熱が急上昇

懐かしむように今までの曲を聴いていると、春にピッタリな曲が多いなーなんて思ったので、まとめてみました。

歌詞の引用とともに紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

春に聴きたいflumpoolの曲

溢れだす涙が 君を遮る前に せめて笑顔で “またいつか”
傷つけ合っては 何度も許しあえたこと
代わりなき僕らの 証になるだろう

別れはつらいものだけど、前向きな歌詞がたまらなく好き。
卒業シーズンにもピッタリな曲。

春風

もしも願いが 叶うのならば
僕はいつでも 君に会いに行く
幾つもの夜 越えて来ただろう
君に捧げる ただ この歌を

青春を感じさせてくれる一曲。
ド直球な歌詞が照れくさくて、カラオケで歌うと恥ずかしさが込み上げてきます。

今年の桜

見上げた空の遥か彼方 故郷の桜が
ひらひら 舞いあがれと 今年も背中押す

flumpoolの桜ソングといえばこれ!
桜が咲いたら絶対に聴きたい一曲です!

君に届け

君に逢えたこと 本当によかったと
そう言える その笑顔を守りたい

僕は目を閉じて 君との未来を
想い描く その笑顔も描いてる

とにかく爽やか!

この曲は、映画「君に届け」の主題歌にもなりました。
聞いてたら漫画読みたくなってきます。

花になれ

笑って泣いて歌って 花になれ
咲き誇れ いつか 光溢れ
歯痒くても きっと 受け止めるよ
未来は気にせずに

flumpoolのメジャーデビュー曲。
こちらも爽やかな曲調。歌詞の中に蕾、花、桜があるのが特徴的。
未来に向けた雰囲気は、春にピッタリ。

明日キミが泣かないように

アナタの手紙
読むたびに憂うけど
偽りなく懸命に歩んだ 悔いのない青春

最新アルバム「EGG」に収録されている曲。
その歌詞は、相手のことを思って書いたような手紙のよう。
別れという言葉が当てはまりそうなので、選びました。

詳しくは、こちらの記事で紹介しています!

春に聴きたいflumpoolの曲 まとめ
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク