「本to美女」っていうWebサービスが始まるから期待を込めて要望を書いてみた

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

つい最近Facebookを眺めていたら、こんなものが流れてきた。

本to美女_01※画像の文字部分は切り取っています

本to美女、3月7日(月)リリース週のモデル紹介第1弾!!!
本to美女専属モデルのEriさんです。
オープンカウントダウンあと7日です♪

あ、かわいい。

指さしてるのは…本…?

・・・・・

実はこれ、本to美女というWebサービスのページによる投稿だったんです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

本to美女

本to美女とは、「本で、人生をちょっと豊かにする」をコンセプトに、美女と素敵な一冊をお届けしてくれるらしい。

ちょっと曖昧な説明になったのは、まだサービス開始してないからだ。
2016年3月7日(月)に始まるとのこと。

Facebookページだけではなく、Twitterアカウントも存在する。

いい感じの写真がたくさん! こんな美女たちが本を紹介してくれると思うとワクワクしますね!

あと、知らなくてもよかったんだけど編集長は男性でした。ワクワクはしませんね…。

でも安心して。 編集部には女性もいたから。

うん、美女だ!編集だけじゃもったいないので、ぜひモデルも兼業してください! きっとみんな思ってます。よろしくお願いします!

美女読書との差別化に期待

すでに似たようなサービスで美女読書というものがある。 あちらは仕事の役に立つ、おすすめのビジネス書を紹介している。

だから、できるだけ本は被らないでほしい!

いろんなジャンルの本を求めています!

それともう一つ。内容についてだ。 美女読書の文章って、お堅いんですよね。。。 うまく本の内容がまとまってて、分かりやすいんですが、「美女×お堅い文章」に違和感を感じるのです。目の保養になるのは間違いないんですが、正直言うと美女の写真いるの?って思うときもあります。

美女と本を紹介しているわけで、美女が本を紹介しているわけではない。

僕が求めてるのは後者。 モデルさんの一言感想があるだけでも印象よくなると思うので、ぜひ本と美女が関わりのある内容にしてほしいな。もしくはライターさんが、なりきって書いてくれればいいのかも。

とにかく、美女読書との差別化に期待したい。

以上、まだ始まってもいないサービスに対する個人的な要望でした。

おわりに

本と美女という組み合わせに釣られ、勢いで書きました。本好きとしては是非とも応援したいサービス。どんな内容なのかは始まってみないと分からないので、3月7日を楽しみに待つことにします。

朝起きてスマホを見たら、美女が本を紹介してくれるとかだったらいいなぁ。

ランチを食べながら本の紹介を読むのもいいなぁ。

仕事が終わって、帰り際に美女から本を教えてもらう。その後本屋へっていう流れもありだなぁ。

考えるとキリがないので、妄想はここまで。
それでは、また!

※おまけ 1枚目の写真は渋谷にある森の図書室で取材した時のものだそう。

どんなところかは、こちらの記事をご覧ください!

【ブックカフェ】渋谷・道玄坂にある森の図書室に行ってきました!

「本to美女」っていうWebサービスが始まるから期待を込めて要望を書いてみた
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク