「Foodie」は地味な料理写真を3倍美味しそうに撮ることができるアプリ!

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

「スマホで美味しそうな写真を撮りたい」

そんな願望を叶えてくれるアプリがLINEからリリースされました。

その名も、Foodie

このアプリは、食べ物の撮影に特化したフード専用カメラアプリです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

どんなところがフード専用?

注目すべきは26種類のフィルター機能

Instagramにもフィルター機能はありますが、正直言うと名前が分かりづらいんですよね。

「LUDWIG」「AMARO」「LO-FI」など様々あるけど、どんなフィルター効果なのかすぐには想像できません。

一方、Foodieのフィルターは、「ジューシー」「フレッシュ」「ホクホク」「さっぱり」「こんがり」「スイート」といった具合で非常に分かりやすい。どんな効果がかかるのか、なんとなく想像がつきますよね。

実際に加工してみた

Foodieのフィルター機能がどれほどのものか、過去に作った料理の写真で試してみました。

フィルター名、加工前と加工後の写真を載せています。

それでは、いってみましょう!

ホクホク

foodie_before_0foodie_after_0

変更前は冷め切ってますね…。できあがってから1時間くらい経過していそうです。(実際はすぐに撮りました…)

そんな写真がFoodieのフィルター「ホクホク」を使うことで、一気に暖かみのあるカルボナーラへと変貌しました。

気のせいか、僕には湯気が見えます!

(気のせいですね)

シャキシャキ

foodie_before_3foodie_after_3

加工前の水菜はしんなりしてそう…。

それに比べて加工後の写真からは、シャキシャキ感がすごく伝わってきます。

プリプリ

foodie_before_4foodie_after_4

エビが乗ってたので、プリプリというフィルターをかけてみました。

トマトソースの赤みも増して、ご覧の通り美味しそう!

キッチン

foodie_before_1foodie_after_1

なぜこんな料理を作ったかはさておき、一気に爽やかになりました!

トマトの色合いが綺麗で、美味しそう!

まとめ

Foodieを使うことで、加工前の暗くて地味な感じの写真を、美味しそうに演出することができました。僕の感覚では3倍美味しそうになってます!

料理の写真がイマイチだったとき、Foodieを使って簡単加工。美味しくなさそうに撮れてしまったものを、上手にごまかすことができるかもしれません。

ちなみに、フィルターをかけながら撮影もできます。使うフィルターが決まっている場合は撮って直ぐにシェアすることができるので、使い勝手もいいです。

一度使ってみてはいかがでしょうか。

それでは、また。

「Foodie」は地味な料理写真を3倍美味しそうに撮ることができるアプリ!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク