舞台男子特集!テニミュ、弱虫ペダル、刀剣乱舞で女子歓喜!【ダ・ヴィンチ2016年3月号】

ダ・ヴィンチ2016_03

こんにちは、ニシマツ(@output_log)です。

2016年3月号のダ・ヴィンチを読みました。

特集は「2.5次元へようこそ!」と「次にくるマンガ大賞2016」。

今回は2.5次元の方に焦点を当て、紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

2.5次元へようこそ!

ダ・ヴィンチ2016_03テニミュ

2.5次元とは2次元と3次元のいいとこ取り。

 

アニメと現実の狭間。

 

それすなわち、舞台!

 

その代表作品としてテニスの王子様のミュージカル、通称「テニミュ」は有名ですね。

始めってから10年経過していることに驚きを隠せません。。。よくニコニコ動画で見てたなーと昔を思い出します。

 

ダ・ヴィンチ2016_03ミュージカル刀剣乱舞

テニミュの他にも弱虫ペダル刀剣乱舞のインタビュー記事が盛りだくさんでした。

さらっと見てみたけど、演じているのは知らない人たちばかり。。

正直なところ、舞台俳優についての知識は全くありません

 

ただし、1つ言えることがあります。

 

雑誌に載ってる舞台男子たちは、みんなイケメンだった…!

 

まぁ当たり前といえば当たり前なんですが、ページを捲るたびにイケメンが登場するんですよね。知らないからこそ、常に新鮮な気持ち。まだ発掘されてないイケメンが見つかるかもしれませんね!

雑誌で気になる男の子を見つけて、これから舞台を観にいくみたいな流れでもいいのかなと思った。

 

舞台に詳しくないけど、原作好きだったり、イケメン好きの方は読んでみる価値ありかと思います。

カッコイイ舞台男子ばかりで目の保養にもなるしね(笑)

 

おまけ

「今月の絶対はずさない!プラチナ本」では、中田永一の『私は存在が空気』が紹介されていました。過去に紹介記事と感想書いたので、よかったらご覧ください。

中田永一「私は存在が空気」感想:超能力×恋=切なくも笑える短編集!
祥伝社から出版された小説「私は存在が空気」。著者は中田永一。超能力者×恋物語の話が6つ詰まった短編集です。超能力の描写や少年漫画的なノリもあり非常に面白い!多少のネタバレを含みながら感想を書きます。

 

 

中村航さんのインタビューもありました。

インタビューに出てくる恋愛小説『年下のセンセイ』の紹介と感想はこちらです。

中村航「年下のセンセイ」:年下男性に恋する女性の背中を押す恋愛小説!
幻冬舎から出版された中村航の新刊小説、「年下のセンセイ」を読みました。登場人物に共感し、恋愛において歳の差で悩んでいる女性の背中を押してくれることでしょう。紹介と共に感想を書きたいと思います。

 

それでは、また。