つかいまこと「世界の涯ての夏」感想:3Dデザイナーが登場するSF小説!

こんにちは、西松(@output_log)です。

ハヤカワ文庫JAの 世界の涯ての夏

この本は第3回ハヤカワSFコンテストの佳作を受賞した作品。

著者は つかいまこと さん。なんと現役のゲームデザイナーとのこと。

あらすじにも3Dデザイナー、3Dモデルといった言葉を発見。

3Dデザイナーの話って小説では珍しい?と思ったので気になり購入しました。

読み終えたので感想を書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

世界の涯ての夏

世界の涯ての夏

本屋さんで見つけたときは爽やかな印象。表紙からはSFの雰囲気をあまり感じなかったけど、読み進めていくと間違いなくSF小説でした。

内容紹介

  • 隔離された島で生活する少年と少女の話
  • 実験の被験者である老人の話
  • 3Dデザイナーの日常を描く話

以上の3つの話が順番に少しずつ語られます。

序盤は正直言って、なにがなんだか分かりません・・・。

けれど、読み進めていくと次第に話が交錯していきます。

意味分からなくて読み終えそうになった方は、90ページ目までは耐えてみましょう。。

感想

現実よりも技術が発達した世界なので、理解し辛いことも多々ありましたが、全体的には読みやすいSF小説だったと思います。難しい用語も、そんなに出てこなかったかと。

物語には関係ないけど、3Dモデルに対してしずる感という表現が印象的だった。

ガチなSF好きには物足りないかもしれないけど、ふだんSFものを読まない私には丁度よい1冊。気になった方は「世界の涯ての夏」を読んでみてください!

つかいまこと「世界の涯ての夏」感想:3Dデザイナーが登場するSF小説!
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク