野崎まど「バビロン 1 ―女―」感想:Fの文字にゾクッとした!

こんにちは、西松(@output_log)です。

 

野崎まどさんが講談社タイガより本を出版されたということで バビロン 1 ―女― を読みました。シリーズ1作目ということで、内容をまとめる意味も込めて感想を書きたいと思います。

 

ネタバレ含みます。ご注意ください。

 

バビロン 1 ―女―

 

スポンサーリンク

内容紹介

東京地検特捜部検事・正崎善は、製薬会社と大学が関与した臨床研究不正事件を追っていた。

その捜査の中で正崎は、麻酔科医・因幡信が記した一枚の書面を発見する。そこに残されていたのは、毛や皮膚混じりの異様な血痕と、紙を埋め尽くした無数の文字、アルファベットの「F」だった。

正崎は事件の謎を追ううちに、大型選挙の裏に潜む陰謀と、それを操る人物の存在に気がつき!?

amazonの内容紹介より引用

 

感想

Fとは

白い紙を埋め尽くした無数のF。

その表面には人の毛や爪垢、フケなどが血液によって固められている。

物語の中だけではなく、実際のページにも仕掛けが施されていました。

 

バビロン 1 ―女―_F全体

一瞬黒く塗られているだけかと思いましたが違います。

 

 

 

バビロン 1 ―女―_F拡大

よく見ると、Fの集合体。そのため黒く塗りつぶされているように見えました。狂気を感じますね・・・。気持ち悪!って思ったけど、面白くなってきたと感じた瞬間。

(「すべてがFになる」が頭をよぎったのは私だけではないはず。)

 

 

FとはFemaleのこと。

 

Female = 女

 

 

登場する女たち?

検事である正崎は事件を追うと複数の女にたどり着く。

AとBとCと呼んでいるが、実は全て同一人物。

見た目は全然違い、まるで別人とのこと。

そのAでもBでもCでもある女の名は、曲世 愛(まがせ あい)

 

他人に死を望ませることができる?みたいです。

仕事のパートナーである文緒の死因は自殺。直前まで死ぬ意志なんて微塵もなかったのに・・・。死亡フラグは順調に立てていたけれどもw

文緒は曲世と接触した影響のせいで死んでしまったんですね。だから遺書があったのか。

 

 

続きが待ち遠しい

やっぱり野崎まどさんの話は面白いなー。世界観も好きだし、キャラクターの会話のテンポも良くていい。メディアワークス文庫の作品や、knowを読んで面白かった方は楽しめると思います。

 

「バビロン 1 ―女―」とあるように、この物語は1巻目。

Fと曲世と選挙が繋がり、衝撃的な終わり方だったので早く続きを読みたいです。

次は2016年春と告知されているので、まだまだ先のようですね。

はやく続編出ないかな!期待して待ちたいと思います!

 

それでは、また。