額賀澪「ヒトリコ」感想:小中学生の思い出がよみがえる内容

こんにちは、西松(@output_log)です。

小学館から出版された ヒトリコ を読んだので、感想を書きたいと思います。

著者は 額賀澪 さん。

帯には、
「仲間」「友情」「絆」 そんなもの信じない。いらない。
つらくて、痛くて、理不尽で。でも心がじんわり温まる物語

とありました。いじめが関わっています。

ネタバレを含みます。ご注意ください。

ヒトリコ

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

内容紹介

深作日都子は小学5年生の時、教師から金魚を殺した濡れ衣を着せられ、熾烈ないじめの対象となった。そのときから日都子は、誰にも心を閉ざし、「みんな」には加わらない「ヒトリコ」として生きていく決心をする。

田舎の小学校の生徒達はそのまま中学校へ持ち上がる。ヒトリコの心の支えは、ピアノとピアノを教えてくれる偏屈なキューばあちゃんだけ。合唱の盛んな中学では生徒の間にカースト制度が生まれ、激しいいじめや陰口が横行する。「みんな」に属している限り生徒間の闘いは続く・・・。

地元の高校の入学式。小5で転校した冬希の姿がそこにあった。モンスターペアレントの母親との暮らしに疲れ切った冬希は、母親を棄て、父親の地元に戻ってきたのだった。何も変わらぬ故郷、仲間。ただ、一人だけ全く変わってしまった日都子の姿に冬希は驚く。そしてその原因が自分が飼い、置いてきた金魚と知り・・・。

誰もの心に突き刺さる、青春の残酷さ、閉塞感・・・・・・。

絶望的な孤独の末に見えてくるうっすらとした光。必ず誰もの心の奥の奥に入り込み、内側からあなたの心を揺さぶる、苦くて新しい青春小説です。

amazonの内容紹介より引用

感想

ヒトリコの意味と金魚の事件

作中のヒトリコとは深作 日都子(ふかさく ひとこ)のことを指す。

いつも教室で一人でいるからヒトリコと呼ばれるようになり、自分からも名乗るようになる。

そのきっかけとなった事件は、教室で飼っていた金魚の死。

生き物係として世話をしていた日都子に疑いの目が向けられ、やってもいないのに犯人扱いされることになってしまう。

日都子に疑いをかける先生。

疑いに追い打ちをかける友達。

金魚が死んだ原因を作った真犯人の葛藤。

様々な感情が教室内を渦巻いる。先生以外はそれぞれの視点で語られるので読み応えがありました。先生は生徒の耳を引っ張ったり、殴ったり、やりすぎですよ・・・。今の時代は大問題だ・・・。

小中学生の思い出がよみがえる

合唱練習の描写はなんとなく想像できて、小中学生の頃を思い出しました。

合唱練習に意気込む女子とやる気のない男子とかは、あるあるですね。といっても作中ほど厳しくはありませんでしたが。

こうやって思い出すことができたのは、私が作者と同じ1990年生まれだからでしょうかね。

終わり方

日都子と冬希と明仁は前向きな感じで終わってよかった。

けれど、友達だった嘉穂の終わり方がやりきれない。心残りはそれだけですね。

額賀澪「ヒトリコ」感想:小中学生の思い出がよみがえる内容
この記事をお届けした
Output Logの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
Twitter
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

▼この記事をみんなに教えよう!

スポンサーリンク